時期別・クラス別の基準値

LB指数の基準値は、クラスと時期ごとに設定されています。

古馬混合戦の基準値は年間通じて安定しますが、成長期の2~3歳戦は時期が進むごとに基準値が上昇していきます。

各クラスの基準値を大幅に超える「Good!」(クラスごとの指数上位16%級・偏差値60以上)で勝った馬は、上級クラス実績であるほど、クラシックで活躍する傾向です。

時期別・クラス別詳細

2歳6~8月期

トップレベル=90以上。
もし2歳8月にG1があるなら、オープン「Good!」値の91前後が基準値。

ポイント

各クラスの「Good!」勝利か、90以上勝利馬が有利。

伸びしろある「上昇力の伸S」勝利馬は指数問わず注目(高評価の目安は「伸S+最速上がり3F+0.3秒差以上」勝利)

2歳9~12月期

トップレベル=95以上。
阪神JF・朝日杯FS・ホープフルS基準値=100

ポイント

各クラスの「Good!」勝利か、95以上勝利馬が有利。上級クラス実績であるほど有効。

6~8月期に引き続き「上昇力の伸S」勝利馬は指数問わず注目(高評価の目安は「伸S+最速上がり3F+0.3秒差以上」勝利)

3歳1~3月期

トップレベル=100以上。
もしこの時期にG1があるなら、オープン「Good!」の103前後が基準値。

ポイント

クラシック出走に必要な賞金加算と高指数が最重要。オープン・重賞を100以上勝利馬が有利。

指数実績が100未満の場合は、安定した高指数継続が望ましい。

参考:クラシック勝利馬の指数推移平均値(3歳3月まで)

3歳4~5月期

トップレベル=105以上。
皐月賞・ダービー・桜花賞・オークス・NHKマイルC基準値=105

参考:古馬混合戦