成長期の2~3歳戦は指数の打点が短期間で上昇していきます。よってLB指数は4つの時期に分けて基準値を設定しています。

4つの時期とは「8月までの2歳戦序盤」「秋以降の朝日杯FSや阪神JF、ホープフルSへ向けた争い」「明け3歳のトライアル戦線」「4月以降のクラシック本番」を指します。

時期別・クラス別の基準値

基準値を大幅に超える高指数、または上昇力がある伸ランク「S」の場合は、高評価である「Good!」などの「評価コメ」が付くことがあります。※伸ランクとは?

「評価コメ」について

「Good!」は時期とクラスごとの「指数偏差値が60以上」の高指数馬に付きます。基礎能力の高い馬が多く、特に1勝クラス以上の勝ち馬はクラシック路線で期待。なおオープンクラス「Good!」値は、時期ごとの指数最高値レベルです。

「Rising!」は指数が低くても「上昇力の伸S」かつ強力な末脚でライバルを圧倒した馬に付きます。指数のベースが低い新馬未勝利クラスで該当する馬が多い傾向。

「Good!」と「Rising!」を兼ね備えた場合は「GReat!」が付きます。高指数と上昇力を兼ね備えた条件。1勝クラス以上実績なら即クラシック級でしょう。

※「Good!」「Rising!」「GReat!」の基準。
■「Good!」=高指数評価型
条件→時期・クラスごとの「指数偏差値60以上」走破馬(着順不問)
■「Rising!」=上昇力評価型
条件→指数「Good!」未満+「伸S+上がり3F1位+0.3秒差以上」勝利馬。
■「GReat!」=高指数+上昇力
条件→「Good!」+「Rising!」勝利馬。