「クラシックが楽しくなる指数」

3歳春クラシックを専門とするLB指数は、独自に設けた2つの基準を総合してレースを評価します。

  • 【指数値】スローペースが多い2~3歳戦でもタイムに頼らない評価。
  • 【伸ランク】成長期である2~3歳馬の上昇度を予測。

ガイドラインとなる指数基準値こちら

私がオクヤチカヒデです。一緒にクラシックを楽しみましょう!

1:LB指数とは?

LB指数(ラップバランス指数)は、上がり3Fと前半に分割したレースラップのバランスを指標化したものです。

そのため指数値は、タイムよりもペース配分に影響されます。

スローペースでタイムが遅くなったとしても、そのペースに対して上がりが早ければ瞬発力が優れていると判定されて、指数が高くなることがあります。

逆にハイペースでタイムが早くなった場合でも、上がりが掛かり過ぎていればペースの影響が強いと判定されて、指数が低くなることがあります。

以下の図は、ペースと上がり3Fの関係を表しています。

図-1 ペースと上がり3Fの関係

縦軸は上がり3Fタイム、横軸は前半1000m通過タイムです。
(サンプルは東京芝1600m2勝クラスの2008~18年)

LB指数は図-1のプロットを指標化したものです。

右肩下がりの点線は「このペースなら、この上がり3Fが妥当」、逆に「この上がり3Fなら、このペースが妥当」というライン。

同じペースでも上がり3Fが早かったり遅かったりとバラつきがありますが、そのバラつきが指数に影響します。基準である点線から離れれば離れるほど、指数が高くなるか低くなります。

2:伸ランクとは?

指数値に付属する「SABCDEF」が、伸ランク(伸びしろランク)です。伸ランクは指数値だけではわからない「上昇度」を表します。

前半と上がり3Fのバランスが該当コースにおいて標準的なら伸Cで、前半の負荷が軽ければ伸S側、前半に負荷がかかるほど伸F側に寄っていきます。

以下のグラフは、伸ランク別の平均指数と、次走の平均指数の関係を表しています。

青い棒グラフは伸ランクごとの平均指数。伸Sまたは伸Fに近づくほど指数が低くなりやすいことが特徴です。

オレンジの棒グラフは次走の平均指数。伸Sまたは伸Fに近づくほど上昇率が高いことが特徴です。