「クラシックが楽しくなる指数」

なぜLB指数でクラシックが楽しくなるのか?その理由は、以下2つの要素が絡み合うことで生まれる相乗作用です。

  • スローペースが多い2~3歳戦でも、「現在」の能力をタイムに頼らず評価できる(LB指数値)
  • 成長期である2~3歳馬の上昇度、つまり「未来」を予測できる(伸ランク)

「現在」×「未来」の相乗作用によって、高精度なクラシック展望が楽しめます。

ガイドラインとなる指数基準値と推移のポイントこちら

私がオクヤチカヒデです。一緒にクラシックを楽しみましょう!

1:LB指数とは?

LB指数(ラップバランス指数)は、上がり3Fと前半に分割したレースラップのバランスを指標化したものです。

そのため指数値は、タイムよりもペース配分に影響されます。

スローペースでタイムが遅くなったとしても、そのペースに対して上がりが早ければ瞬発力が優れていると判定されて、指数が高くなることがあります。

逆にハイペースでタイムが早くなった場合でも、上がりが掛かり過ぎていればペースの影響が強いと判定されて、指数が低くなることがあります。

以下の図は、ペースと上がり3Fの関係を表しています。

図-1 ペースと上がり3Fの関係

縦軸は上がり3Fタイム、横軸は前半1000m通過タイムです。
(サンプルは東京芝1600m2勝クラスの2008~18年)

LB指数は図-1のプロットを指標化したものです。

右肩下がりの点線は「このペースなら、この上がり3Fが妥当」、逆に「この上がり3Fなら、このペースが妥当」というライン。

同じペースでも上がり3Fが早かったり遅かったりとバラつきがありますが、そのバラつきが指数に影響します。基準である点線から離れれば離れるほど指数が高くなるか低くなる仕組みです。

基準ラップは各コースの2勝クラス相当で設定しています。つまり指数が「100」なら、そのレースレベルは2勝クラス水準です。

2:伸ランクとは?

指数の右に表示される「SABCDEF」が、伸ランク(伸びしろランク)です。

LB指数本体と同じく上がり3Fと前半を分割し、該当コースの標準的なラップバランスからの乖離度を表しています。

伸ランクによって、「指数上昇力」や「馬とレースのタイプ」など、LB指数の値だけではわからない特性を把握できます。
※能力を示す指標ではありません。

2-1:馬タイプ・レースタイプ

中央の「伸C」は該当コースの標準的なラップバランスであることを意味します。「伸C」はバランス型、「伸S」に近くなるほど後傾ラップの瞬発力型、「伸F」に近くなるほど前傾ラップの持久力型に近くなっていきます。

出走馬全体的に伸Sが多いレースはスローペース、伸Fが多いレースは平均ペースまたはハイペースです。

伸Sで高い指数を出した馬は瞬発力に優れたタイプで、伸Fで高い指数を出した馬はスピード、または持久力に優れたタイプと仮定できるでしょう。

2-2:指数上昇力

青い棒グラフは伸ランクごとの平均指数。伸Sまたは伸Fに近づくほど指数が低くなりやすいことが特徴です。

その理由は「伸Sは上がり3F、伸Fは全体時計」に厳しい数字が要求されるからです。

オレンジの棒グラフは次走の平均指数。伸Sまたは伸Fに近づくほど上昇率が高いことが特徴です。

ただし指数値には時期ごとに限界点があるため、それに近づくほど上昇率は鈍くなります。

例えば2歳戦で限界点に達した馬の伸S効果は、限界点が上がる3歳戦または古馬混合戦に出走するようにならないと有意になりません。

参考:伸ランクの時期別構成比

平均指数の低い2歳戦は伸SAの構成比が高いですが、3歳戦に入ると平均指数の上昇に伴い、伸SAの構成比が低くなっていきます。