「クラシックが楽しくなる指数」

ダービーを頂点としたクラシックが楽しくなる、クラシック専門の指数です。

軸となる「指数値」に加えて上昇度を現す「伸びしろランク」という基準を組み合わせることで、成長期の2~3歳戦向けにチューニングしています。

  • 【指数値】スローペースが多いためタイムが遅くなりがちな2~3歳戦向きの評価基準として、タイムよりもラップバランスを重視。
  • 【伸びしろランク】成長期である2~3歳馬の上昇度を予測。

ガイドラインとなる指数基準値こちら

私がオクヤチカヒデです。一緒にクラシックを楽しみましょう!

1:LB指数とは?

LB指数(ラップバランス指数)は、上がり3Fと前半に分割したレースラップのバランスを指標化したものです。

そのため指数値は、タイムよりもペース配分に影響されます。

スローペースでタイムが遅くなったとしても、そのペースに対して上がりが早ければ瞬発力が優れていると判定されて、指数が高くなることがあります。

逆にハイペースでタイムが早くなった場合でも、上がりが掛かり過ぎていればペースの影響が強いと判定されて、指数が低くなることがあります。

以下の図は、ペースと上がり3Fの関係を表しています。
(サンプル→東京芝1600m2勝クラスの2008~18年)

図-1 ペースと上がり3Fの関係

縦軸は上がり3Fタイム、横軸は前半1000m通過タイムです。

LB指数は図-1のプロットを指標化したものです。

右肩下がりの点線は「このペースなら、この上がり3Fが妥当」、逆に「この上がり3Fなら、このペースが妥当」というライン。

同じペースでも上がり3Fが早かったり遅かったりとバラつきがありますが、そのバラつきが指数に影響します。基準である点線から離れれば離れるほど、指数が高くなるか低くなります。

2:伸びしろランクとは?

指数値に付属する「SABCDEF」が伸びしろランクです。伸びしろランクは指数値だけではわからない「上昇度」を表します。

前半と上がり3Fのバランスが該当コースにおいて標準的なら伸Cで、前半の負荷が軽ければ伸S側、前半に負荷がかかるほど伸F側に寄っていきます。

以下のグラフは、伸ランク別の平均指数と、次走の平均指数の関係を表しています。

青い棒グラフは伸ランクごとの平均指数。伸Sまたは伸Fに近づくほど指数が低くなりやすく、出走馬全体的にその構成比率が高いほど低指数決着になりやすいことが特徴です。

オレンジの棒グラフは次走の平均指数。伸Sまたは伸Fに近づくほど上昇率が高いことが特徴です。