[LB指数レポート] 2021/05/08 京都新聞杯 レッドジェネシス・プリンシパルS バジオウ

中京11R 京都新聞杯 レッドジェネシス

前半値131(↑30)L3F値66(↓35)=99(↓2)
3歳OP重賞基準値=101

L5F11.4からロンスパ開始。L2F12.0-12.6の耐える競馬になった。指数は基準値を割ったが、数字の出にくい伸F中心なら、水準上位レベルの評価ができる。

1着レッドジェネシスの全指数

未勝利「Good!」勝利と、0.7秒差快勝の前走ゆきやなぎ賞のように、使ってパフォーマンスを上げるタイプ。そのあたりも強靭なスタミナに現れていそうで、中2週も問題なしと見る。

指数はさらに上げなければならないが、我慢の効く末脚は激流で注目。

2着ルペルカーリアの全指数

毎日杯4着とほぼ同レベルのパフォーマンス。高速馬場を先行から相応の時計を出してくるタイプ。収得賞金1500万でダービー出走は厳しいかも知れないが、ゆくゆくはかなりうるさい先行馬に育っていきそうだ。

3着マカオンドールの全指数

指数的に多少のバラツキはあるが、トップ級から2列目級を相手に好走を繰り返してきた。春のクラシックは終戦だが、古馬混合2勝クラスまたは白百合Sなら主力になるだろう。

東京11R プリンシパルS バジオウ

前半値103(↑2)L3F値107(↑6)=105(↑4)
3歳OP重賞基準値=101

中盤緩んだスローペースとはいえ、高レベルでまとまったスローペース。「Good!」値108には届かなかったが、近年のプリンシパルSでは最も高い指数決着だった。
(18年コズミックフォース101D、19年ザダル104C、20年ビターエンダー101B)

1着バジオウの全指数

未勝利「Good!」勝利の他、新馬戦とセントポーリア賞が「Good!」走破と強い。大寒桜賞84Fが距離面で気になるが、マイペース先行なら無視できない指数を叩き出してきた。

LB指数とは?

2~3歳戦にチューニングした「クラシックが楽しくなる指数」です。