[LB指数レポート] 2021/06/06 2歳新馬 ビーオンザマーチ・クレイドル・ブレスレスリー

東京6R 2歳新馬 ビーオンザマーチ

前半値71(↓4)上がり3F値81(↑6)=76(↑1)
2歳新馬基準値=75

ほぼ標準的なバランスでまとまっており、指数も水準。

[ビーオンザマーチ]スピード戦で上昇に期待

2歳6~7月の東京芝1400m新馬戦を「71~81SAB」で勝った馬(現3~6歳世代)

指数は水準だが、そのぶん瞬発型伸Aの末脚で中団から伸びてきた。ゴール前は伸S勢の脚色が優勢だったが、そこは瞬発戦よりスピード戦向きなモーリス産駒。伸CDE走破で指数を上げてくるだろう。

この条件から大物は出ていないが、レノーアは次走ダリア賞3着84Aから現3勝している。

東京5R 2歳新馬 クレイドル

前半値72(↓3)上がり3F値75(±0)=73(↓2)
2歳新馬基準値=75

少し中盤緩んだが全体的にはまずまず標準的なバランス。指数は水準。

[クレイドル]兄ステラヴェローチェに続け

2歳6~7月の芝1600m新馬戦を「68~88SAB」で勝った馬(現3~6歳世代)

指数的なインパクトは薄く、最速上がり3Fも2着馬に譲ったが、まずまずの直線トップスピードを使えた。

2歳序盤の東京マイル勝利は、それだけで良い条件。

瞬発型伸SA勝負で最速上がり3Fを逃したことは切れ味の点でマイナスが付くが、クロフネ産駒とステラヴェローチェの下であることを踏まえると、瞬発型伸Aよりは総合力型伸C前後向き。

中京5R 2歳新馬 ブレスレスリー

前半値71(↓4)上がり3F値81(↑6)=76(↑1)
2歳新馬基準値=75

ほぼ標準的なバランスでまとめて、指数も水準。

[ブレスレスリー]2歳戦で勝負

2歳6~7月の中京芝1400m新馬戦を「71~81BCD」で勝った馬(現3~6歳世代)

ゲートは普通だったがダッシュ良く中盤で単独先頭。そのまますいすいと逃げ切った。

伸C走破は上昇力の点で課題だが、2歳オープンを2勝したタイセイプライド、新潟2歳S4着とファンタジーS3着があるクリアサウンドなど、2歳戦走る馬が目立つ条件。

3歳以降の成長力は不安も、序盤勝ち上がりのアドバンテージは大きい。

LB指数とは?

2~3歳戦にチューニングした「クラシックが楽しくなる指数」です。