[先週のLB指数] 2019/02/02~03 3歳重賞/オープン/500万下

きさらぎ賞 ダノンチェイサー

3歳OP重賞基準値→96

88C決着は重賞として平凡でしたが、結果85Dのランスオブプラーナがレースをリードし過ぎてしまったことも要因。ダノンチェイサーはすでに103D実績がありますし、その格に見合った勝ちっぷりではありました。あなどるなかれ、クラシック有望だと思います。

今後の予測値
1着ダノンチェイサー
3歳G1級(107):109

2着タガノディアマンテ
3歳G1級(107):100

3着ランスオブプラーナ
3歳G1級(107):99


エルフィンS アクアミラビリス

3歳OP重賞基準値→96

上がり3F推定33.3秒、唯一の伸Sで最後方から差し切ったアクアミラビリスの末脚は印象的でした。もし桜花賞直行だとすれば指数的には上がいますので伸びしろ頼みの「未知の魅力に賭ける」という形になるでしょう。ただ、その魅力は大きいものを感じます。

今後の予測値
1着アクアミラビリス
3歳G1級(107):105

2着ブランノワール
3歳G1級(107):102

3着ノーブルスコア
3歳G1級(107):99

ゆりかもめ賞 サトノジェネシス

3歳500万下基準値→91

「Good!」クラス上位16%級突破
1着102Aサトノジェネシス
2着98Aキタサンバルカン

2着キタサンバルカンもクラシックを狙える器。サトノジェネシスはその馬をぶっちぎり。過去3戦すべて当時のクラス上位16%級「Good!」クリアを見ても、恐らくクラシック主力レベルのポテンシャルです。

今後の予測値
1着サトノジェネシス
3歳重賞級(96):107
3歳G1級(107):111

2着キタサンバルカン
3歳重賞級(96):103
3歳G1級(107):107

3着サンアップルトン
3歳重賞級(96):100
3歳G1級(107):104

春菜賞 ココフィーユ

3歳500万下基準値→91

今回の指数は水準内のココフィーユですが、新馬2着90Aは当時「Good!」級でした。それを基準にすれば、体力次第で3歳春重賞に届く器です。

今後の予測値
1着ココフィーユ
3歳重賞級(96):100
3歳G1級(107):104

2着チビラーサン
3歳重賞級(96):96
3歳G1級(107):100

3着スイープセレリタス
3歳重賞級(96):98
3歳G1級(107):103

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。