[先週のLB指数] 2019/07/07版 2歳新馬ホープホワイト・エヴァーガーデン・マイラプソディ・オーソリティ

福島6R 2歳新馬 ホープホワイト

2歳新馬基準値=74
前半指数53(↓19)→L3F指数76(↑2)
指数差21:L3F重点型

前半指数53は緩い部類でしたが、直線トップスピード足らず。ただ、L2F12.0-12.0とバテず持続しているので、前半から飛ばす展開で上昇できるでしょう。

福島5R 2歳新馬 エヴァーガーデン

2歳新馬基準値=74
前半指数69(↓5)→L3F指数87(↑13)
指数差18:平均型

前半スローからの後半勝負ですが、2歳序盤の2000m戦だけに指数推移は69→87と、新馬戦としてはまずまず平均的な流れ。

L4F11.7-12.0-12.0-12.5とロンスパ気味になりましたが、新馬水準上位まで盛り返したように持続力があります。

中京5R 2歳新馬 マイラプソディ

2歳新馬基準値=74
前半指数40(↓34)→L3F指数125(↑51)
指数差85:強L3F重点型

2歳序盤の2000mということでかなり緩めから上がり勝負でしたが、L2F11.3-11.2で余裕リカバリーの競馬。

マイラプソディは80超え+伸Sの上位勢を差し切りが強力です。

【推しデータ芝1800m以上の2歳6~8月新馬戦を、80S以上かつ最速上がり3Fで勝った馬(2017~18年実績)

キーファーズx武豊。豊さんのクラシックはこれかなぁ?

函館5R 2歳新馬 オーソリティ

2歳新馬基準値=74
前半指数23(↓51)→L3F指数101(↑27)
指数差78:強L3F重点型

中盤13秒台3つからのL3F12.3-11.5-11.9は、かなり強い上がり3F重点でした。

前半指数23からのリカバリーは苦しいとはいえ、この指数決着でゴール前詰め寄られたあたり、瞬発力勝負は向いていないのかも知れません。

兄アーデンフォレストは新馬2着74S→未勝利1着91C。同様に底力勝負で爆上げしたいところです。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。