[先週のLB指数] 2019/10/20 2歳新馬レクセランス・ブライティアランド・タケルラスティ・フィオリキアリ

京都5R 2歳新馬 レクセランス

2歳新馬基準値=79
前半指数70(↓9)→L3F指数86(↑7)
指数差16:標準型
★★★☆☆

新馬戦としては標準的なラップで乗り切っている先行勢を、レクセランスが直線内にササり続けながら差し切り。口向き悪くまともな走法ではない状態でほぼクラス基準値マークは十分だと思います。

デビュー直後メチャクチャでもちゃんと走ったら強い馬は、パッと思いつくところでデンコウアンジュだったりマイネルサーパスだったりがおりますので…

新潟5R 2歳新馬・牝 ブライティアランド

2歳新馬基準値=79
前半指数26(↓53)→L3F指数103(↑24)
指数差77:強L3F型
★★★☆☆

レースの上がり3F33.9秒でも65Sまでしかリカバリーできない超スローは指数的に厳しい条件。

指数決定権を持つ先行ならL1Fもう少し持続して70以上が理想的とは言え、クロフネ産駒ブライティアランドにとっては、もっと流れてくれた方が数字を出しやすいでしょう。

京都4R 2歳新馬 タケルラスティ

2歳新馬基準値=79
前半指数98(↑19)→L3F指数60(↓19)
指数差38:前半型
★★★☆☆

上位伸D~Fのスピード戦を2番手からクラス基準値で押し切ったタケルラスティ。時計がかかる馬場でのパワフルな粘りが持ち味です。

東京4R 2歳新馬 フィオリキアリ

2歳新馬基準値=79
前半指数32(↓47)→L3F指数114(↑35)
指数差82:強L3F型
★★★☆☆

伸Sメインの超スローながらもL2F11.0-11.3対応で必死にリカバリーのフィオリキアリ。クラス基準値79には遠いですが、前半指数32(↓47)なら頑張っている方でしょう。一旦前に出られた2着馬を差し返すあたり、持続力にも期待できそうです。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。