[先週のLB指数] 2019/11/03 2歳新馬ワンダーカタリナ・トゥルーヴィル・スカイグルーヴ・サトノフウジン

京都6R 2歳新馬 ワンダーカタリナ

2歳新馬基準値=79
前半指数74(↓5)→L3F指数74(↓5)
指数差±0:標準型
★★☆☆☆

4F12.7で息を入れたわりにL1F踏ん張り不足で指数上がらず。少し距離が長いのかも知れません。

京都5R 2歳新馬 トゥルーヴィル

2歳新馬基準値=79
前半指数16(↓63)→L3F指数119(↑40)
指数差103:強L3F型
★★★☆☆

「全馬伸S」+「前半指数16(↓63)」+「L2F重点」の三重苦で指数は上がりませんでしたが、直線壁になりながらも展開有利の前3頭差し切りは好内容です。

東京5R 2歳新馬 スカイグルーヴ

2歳新馬基準値=79
前半指数78(↓1)→L3F指数104(↑25)
指数差26:L3F型
★★★★★

「Good!」クラス上位16%級突破(87以上)
スカイグルーヴ

持ったまま0.9秒差の逃げ切り圧勝スカイグルーヴ

5F62.3はスローペースですが、新馬戦としてはまずまずの前半指数78(↓1)からの持ったままL2F11.2-11.1が強烈。

掲示板組は軒並み基準値クリア。相手が軽いゆえの圧勝ではありません。次走いきなりトップクラスにぶつけても通用するレベルでしょう。

東京4R 2歳新馬 サトノフウジン

2歳新馬基準値=79
前半指数66(↓13)→L3F指数88(↑9)
指数差22:L3F型
★★★☆☆

スタートでダッシュがつかず後方になってしまいましたが、直線一気を決めたサトノフウジン

先行勢は水準レベルとはいえ、レースのL3F11.8-11.5-11.4の加速ラップを厳しいところから差し切りの末脚は雄大でした。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。