[先週のLB指数] 2019/11/16 2歳新馬デアリングタクト・ルーツドール・デンタルバルーン・ライチェフェイス

京都5R 2歳新馬 デアリングタクト

2歳新馬基準値=79
前半指数46(↓33)→L3F指数106(↑27)
指数差60:強L3F型
★★★☆☆

L3F12.2-11.7-11.3の加速ラップを一閃デアリングタクト。直線前が壁になりましたが進路確保してからの切れ味は格別でした。低め前半指数46から懸命にリカバリーした76Sも伸Sならまずまず。

東京5R 2歳新馬・牝 ルーツドール

2歳新馬基準値=79
前半指数88(↑9)→L3F指数90(↑11)
指数差2:標準型
★★★★☆

「Good!」クラス上位16%級突破(87以上)
ルーツドール

前半・L3Fともクラス基準値超えのハイレベルな底力勝負を2番手からぶっちぎりルーツドール。2~3着馬はキツめな伸Eながら基準値クリア。それらより前のポジションから伸D+L1F11.4は相当の持続力です。

福島5R 2歳新馬 デンタルバルーン

2歳新馬基準値=79
前半指数58(↓21)→L3F指数97(↑18)
指数差39:L3F型
★★★☆☆

1200m戦としてはややL2F重点。指数的にはもうちょっとL3F早ければ…と思いますが、最後抑えて0.4秒差の快勝なので、スピード戦で上昇の余地はあります。

東京4R 2歳新馬 ライチェフェイス

2歳新馬基準値=79
前半指数58(↓21)→L3F指数87(↑8)
指数差29:L3F型
★★☆☆☆

L3F指数87がワンパン不足で数字は抑えられましたが、好スタートから2着以下を子供扱いの内容は良い。すぐに強敵相手では辛いと思いますが、経験を重ねながらジリジリ上積みしていければ。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。