[先週のLB指数] 2020/01/19 3歳新馬 ルフトシュトローム・アドマイヤビルゴ・ウインバリスタ

中山6R 3歳新馬 ルフトシュトローム

3歳新馬基準値=78
前半指数52(↓26)→L3F指数114(↑36)
(レースタイプ:強L3F型)

「Good!」クラス上位16%級突破(83~)
ルフトシュトローム

残り600mを切ってヨーイドンの上がり重点を、楽な手応えのまま「Good!」まで引き上げたトップスピードが強力でした。

姉アロハリリーは1月新馬2着83Cの「Good!」走破から、3戦目の3月未勝利97Bの「Good!」で勝って現5勝。初戦を楽々勝ち上がったルフトシュトロームはそれ以上の活躍に期待です。

京都6R 3歳新馬 アドマイヤビルゴ

3歳新馬基準値=78
前半指数64(↓14)→L3F指数91(↑13)
(レースタイプ:L3F型)

テン3F流れたためドスローではありませんが、5~6Fの13秒台で脚を溜めてからの上がり重点を先行抜け出しアドマイヤビルゴ

セレクト6億強というお値段以上のインパクトはなくとも、ほぼ基準値までリカバリーしたトップスピード持続力はまずまず。

小倉6R 3歳新馬 ウインバリスタ

3歳新馬基準値=78
前半指数59(↓19)→L3F指数74(↓4)
(レースタイプ:標準型)

小倉芝1200mで3F35.6は時計のかかるコンディションとは言え緩めでしたが、L3F36.5でまったくリカバリーできず。

スピード戦なら上積みがあるはずですが、次走いきなり勝ち負けまでは難しそう。経験を積み重ねてからでしょう。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。