[LB指数レポート] 2020/07/05 2歳新馬 マルス・タウゼントシェーン・ステラヴェローチェ・アランデル

福島6R 2歳新馬 マルス

2歳新馬基準値=75
前半指数48(↓27)→L3F指数72(↓3)

勝ち馬★評価

評価 :3/10。

1200mとしてはL2F重点に近いラップが指数面で不利になっているが、そのL2Fもややスピード不足だった。

福島5R 2歳新馬 タウゼントシェーン

2歳新馬基準値=75
前半指数58(↓17)→L3F指数112(↑37)

「Good!」クラス上位16%級(83~)
タウゼントシェーン・スワーヴエルメ

勝ち馬★評価

評価 :8/10。

3~5Fで緩んだ分を上がり3Fでリカバリー、特にL3F12.0からもう1段階ギアチェンジしたL2F11.5-11.8が「Good!」に直結している。

タウゼントシェーンスワーヴエルメは、4コーナーで外に振り出しつつ、伸A+水準上位指数で伸びた前を差し切り。瞬発型伸S高指数の鋭い決め手に加え、伸びしろに魅力あり。

阪神5R 2歳新馬 ステラヴェローチェ

2歳新馬基準値=75
前半指数97(↑22)→L3F指数71(↓4)

「Good!」クラス上位16%級(83~)
ステラヴェローチェ・グルーヴビート

勝ち馬★評価

評価 :7/10。

序盤まずまず流れてL3F~L2Fのトップスピードが少し甘くなったが、L1F12.0で踏ん張って「Good!」達成。

残り200mから3着以下を引き離したステラヴェローチェとグルーヴビートの持続力は相当。2歳序盤の1600m以上新馬戦を伸EF勝利は少数派ながら後の活躍馬を輩出する確率は高い。

函館5R 2歳新馬 アランデル

2歳新馬基準値=75
前半指数58(↓17)→L3F指数104(↑29)

勝ち馬★評価

評価 :7/10。

3F39.5はかなり緩かったが、アークライトが上がっていった4Fからは良いラップ。上がり3Fもアランデルアークライトが伸びて水準上位のフィニッシュだった。

伸Aが占める瞬発戦を3着に0.6秒差なら、上位2頭の能力は抜けている。3Fもう少し流れて伸C中心の決着だったら「Good!」もあったかも知れない。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。