[LB指数レポート] 2020/07/11 2歳新馬 ブルーバード・セレッソフレイム・ドゥラモンド・ダノンシュネラ・カイザーノヴァ

福島6R 2歳新馬 ブルーバード

2歳新馬基準値=75
前半指数56(↓19)→L3F指数74(↓1)

勝ち馬★評価

評価 :5/10。

前半緩めも上がり3F平凡で指数上がらず。レースレベルは高くないが、逃げ切りパターンの2着馬を捕らえたブルーバードの末脚は迫力十分だった。

阪神6R 2歳新馬 セレッソフレイム

2歳新馬基準値=75
前半指数42(↓33)→L3F指数105(↑30)

勝ち馬★評価

評価 :5/10。

前半は完全にスローだったが、上がり3Fでリカバリーできている。上位伸AB中心なら水準レベルの指数で合格点だ。

福島5R 2歳新馬 ドゥラモンド

2歳新馬基準値=75
前半指数77(↑2)→L3F指数86(↑11)

勝ち馬★評価

評価 :6/10。

道中は緩急強めのラップだったが、均せばクラス平均の流れ。そこから上がり3Fで数字を引き上げている。2着馬が大外ぶん回しから追い上げて強い競馬をしたが、先行抜け出しドゥラモンドは自力で指数を作った強みがある。

阪神5R 2歳新馬 ダノンシュネラ

2歳新馬基準値=75
前半指数96(↑21)→L3F指数85(↑10)

「Good!」クラス上位16%級(83~)
ダノンシュネラ・フォティノース・アルムファーツリー・チカリヨン

勝ち馬★評価

評価 :9/10。

極悪馬場で時計は相当かかってしまったが、レース通してのラップバランスは秀逸。

先行から踏ん張ったチカリヨンが高指数を作り、それに能力が引き出されたダノンシュネラが外から差し切り。バトンタッチ絶妙とは言えビシッと決めたダノンシュネラからは、クラシックの匂いがする。

函館5R 2歳新馬 カイザーノヴァ

2歳新馬基準値=75
前半指数93(↑18)→L3F指数67(↓8)

勝ち馬★評価

評価 :6/10。

スピード型の競馬で水準上位。レース全体的にはスピードまずまずという評価だが、道中モッサリの後方から4コーナーで外の馬を弾き飛ばして直線一気カイザーノヴァは、単なるスピード馬とはちょっと違うイメージ。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。