[LB指数レポート] 2020/11/01 2歳新馬 タイニーロマンス・ララクリスティーヌ・トーセンクライマー・グレートマジシャン

東京5R 2歳新馬 タイニーロマンス

前半値31(↓48)L3F値93(↑14)=62(↓17)
2歳新馬基準値=79

前半値31からのL3F値93は迫力不足。レースの上がり3F34.1秒でL3F値110の71決着程度が妥当なところか。L1F加速ラップ対応と伸Sパワーという武器はあるので、なんとか上昇力に繋げたい。

京都5R 2歳新馬 ララクリスティーヌ

前半値67(↓12)L3F値93(↑14)=80(↑1)
2歳新馬基準値=79

2~3着馬は脚を余し気味だったが、クラス水準で乗り切っているし、スタートや操縦性も良い。センスのある馬だとは思う。

福島5R 2歳新馬 トーセンクライマー

前半値60(↓19)L3F値114(↑35)=87(↑8)
2歳新馬基準値=79

「Good!」クラス上位16%級(87~)
トーセンクライマー・ロックオブエイジズ

4~6Fで大きくペースダウンしたが、以降のL4F47.4は早い。直線もL2F11.6-11.6でトップスピード持続。福島コースの後半重点型としてのレベルは高い。

東京4R 2歳新馬 グレートマジシャン

前半値78(↓1)L3F値103(↑24)=91(↑12)
2歳新馬基準値=79

「Good!」クラス上位16%級(87~)
グレートマジシャン・レッドロワ

スロー上がり重点ではあるが、全体的に良いラップ。新馬戦らしい区間はコーナーでブレーキングした6F12.7くらい。そこからの加速とL1F11.4のトップスピード持続力で指数を跳ね上げた。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。