[LB指数レポート] 2020/12/19 ひいらぎ賞 シュネルマイスター

中山9R ひいらぎ賞 シュネルマイスター

前半値101(↑9)L3F値100(↑8)=101(↑9)
2歳1勝クラス基準値=92

「Good!」クラス上位16%級(98~)
シュネルマイスター

L3F12.4からL2F11.7-11.8のL2F重点だが、スローペースではなく前半のラップも優秀。全体的に良いラップの競馬を、直線余裕の一気抜け出しは強い。

19年はスマイルカナが92B、18年はダノンキングリーが99Eで勝っており、近年の出世レース。その2頭を超える指数なら期待は膨らむ一方。クラシック王道でもマイル路線どっちでも通用するだろう。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。2~3歳戦にチューニングした基準で、クラシック戦線を予測します。