[LB指数レポート] 2021/03/06 チューリップ賞 メイケイエール・エリザベスタワー

阪神11R チューリップ賞 エリザベスタワー・メイケイエール

前半値116(↑19)L3F値86(↓11)=101(↑4)
3歳OP重賞基準値=97

序盤緩めもメイケイエールが抑えきれず中盤で先頭。道中息が入らない流れになったが、最後までギリギリトップスピードをキープして、クラス基準値をクリア。

牝馬限定戦では、阪神JFとフェアリーSに次ぐ高指数決着だった。

推しデータ

3歳3月までの芝1600m以上オープン重賞を、100以上で勝った牝馬(現3~6歳世代)

相当強いところがピックアップされる条件。勝ち馬2頭はそれぞれコントロールが難しそうだが、実績と指数の両方で弾みをつけて本番へ進む点はプラスだ。

1着メイケイエールの全指数

阪神JFから指数を下げたが、ロデオ大会のような競馬で100オーバー勝利は立派。折り合い難をクリアすれば、スピード値はレシステンシア級(同時期自己ベスト105F)だろう。

1着エリザベスタワーの全指数

終始外へ行きたがったように課題は残るが、それでも伸Sを削ってトップレベルまで上昇は強い。脚を余したエルフィンSが実力負けではないことを証明できた。

3着ストゥーティの全指数

伸SA続きの伸びしろを中盤まで引っ張る形で開放。どんな型でも安定するタイプだが、力を出し切るなら前受けが良さそう。

4着タガノディアーナの全指数

指数バラツキ大・成績安定の典型的な相手なりタイプだが、100オーバー決着に対応は心強い。能力は桜花賞でも警戒レベルだが、出走は賞金面で厳しいか。

5着シャーレイポピーの全指数

未勝利「Good!」勝利と合せて、阪神マイルで高指数が続く。現状はコース巧者もしくはマイル巧者か。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。2~3歳戦にチューニングした基準で、クラシック戦線を予測します。