[LB指数ランキング] 21-22クラシック編 2021/07/04版 新馬勝利アルナシーム・ウインピクシス、未勝利突破グランドラインがランクイン

※昨年の同週実績を含めてお送りしております。

ランクイン条件

  • 牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上実績。
  • 勝利馬(重賞は2着まで)

牡馬クラシック編TOP18

函館芝1800mの新馬戦を勝ったアルナシームが6位タイへランクイン。ソロっと出るスタートで道中後方だったが、残り600mからのスパートで圧倒した。上位ランクの指数決着で圧倒は文句なし。現状は小回り限定のプチディープという印象だが、春までに小回り限定を外しておきたい。

福島芝1800mの未勝利を勝ったグランドラインは13位タイ。指数基準値が高い未勝利戦では上位ランクインが望ましいが、0.6秒差快勝である程度相殺できそうだ。

牝馬クラシック編TOP18

福島芝1800mの新馬戦を勝ったウインピクシスが13位タイにランクイン。指数は新馬水準だが、0.6秒差快勝で評価プラス補正。ウイン&ゴルシ産駒で見た場合、ウインマイティーとウインキートスはジリジリながらも確実に指数を上げていった。しばらくは勝敗よりも指数推移を追った方が楽しめそう。

LB指数とは?

2~3歳戦にチューニングした「クラシックが楽しくなる指数」です。