[LB指数ランキング] 3歳クラシック編 2019/05/05版 NHKマイルC制覇アドマイヤマーズはじめ掲示板組のほか、500万下突破スイープセレリタスがランクイン

牡馬クラシック編

ランクイン条件はG15着以内・重賞3着以内・OP500万下勝利馬(芝1600m以上)

先週からはNHKマイルC1着105Dアドマイヤマーズ、同2着104Cケイデンスコール、同3着104Cカテドラル、同4着102Dダノンチェイサーがランクインしました。

アドマイヤマーズが現基準で4レース目のランクイン。5戦5勝のマイルで強いですが、指数は敗れた共同通信杯と皐月賞の方が上。確かに無敵のマイルがベストだとは思いますが、現状2000mが長いとは思いません。

ケイデンスコールカテドラルは104Cの競馬で上がり3F33秒台の末脚を使えるなら、今後古馬混合重賞でもハマる時はハマりそう。

ダノンチェイサーはきんもくせい特別2着103Dをあわせて底力があります。トップスピードに寄った2~3着馬よりは展開だったりコースだったりの影響を受けにくいタイプ。安定感はこちらが上でしょう。

牝馬クラシック編

ランクイン条件はG15着以内・重賞3着以内・OP500万下勝利馬(芝1400m以上)

先週からはNHKマイルC5着102Dグランアレグリア、500万下1着102Dスイープセレリタスがランクインしました。

グランアレグリアはアドマイヤマーズに底力勝負で2連敗。桜花賞1着114Bの通り類まれなる能力の持ち主であることに変わりありませんが、アドマイヤマーズ級を相手にした場合、体力的なものなのか精神的なものなのか…持続力を欠いてしまいます。

スイープセレリタスはここ2戦切れ負けだったり脚を余したりとスローで詰め甘でしたが、底力勝負で突き抜けました。現状1000万下勝ち負け見込み。秋に向けて重要な一頭になってきました。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。