[LB指数ランキング] 19-20クラシック編 2019/12/01版 葉牡丹賞グランデマーレ、万両賞カリオストロがランクイン

牡馬クラシック編

先週からは葉牡丹賞1着104Fグランデマーレがランクインしました。

2歳レコード勝利のグランデマーレ。コースレコードを0.7秒短縮、2歳レコードを0.6秒短縮して1分58秒台に突入。6着まで2歳レコード更新という高速馬場の恩恵を受けつつも、2番手から押し切って伸F+高指数の持続力は凄まじい。次走予定のホープフルSが俄然面白くなってきました。

牝馬クラシック編

先週からは万両賞1着92Dカリオストロがランクインしました。

前日メイショウチタンが未勝利でマークした1.20.5のレコードを、0.1秒塗り替えて圧勝カリオストロ。阪神芝1400mでは未勝利に続いて2度目の圧勝。水が合うコースなんでしょう。となればフィリーズレビュー有力ですが、高速馬場のスピード戦なら他場でも注目です。

ランク内からは★付きアマゾーヌが葉牡丹賞出走も83Fのシンガリ負け。現状、極限の時計勝負に対応するだけの体力はなさそうですが、早すぎず遅すぎず丁度いいマイペース逃げなら、きっちり伸びてくれるはず…と信じたい。

ランクインの条件

1.牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上
2.オープン・1勝クラス・未勝利・新馬→勝利馬
3.重賞→2着以内


※赤文字→先週からのランクイン馬。
※太文字→現オープン基準値以上
(★は現オープン「Good!」以上)

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。