[LB指数ランキング] 19-20クラシック編 2020/01/13版 フェアリーS制覇スマイルカナ・同2着チェーンオブラブ、シンザン記念制覇サンクテュエール・同2着プリンスリターンがランクイン

牡馬クラシック編

先週からはシンザン記念2着95Eプリンスリターンがランクインしました。

【プリンスリターン】さすが朝日杯FS5着の底力

2番手追走から直線一旦先頭、最後はサンクテュエールとの激しい追い比べ。惜しいところで屈してしまいましたが、それでも現オープンでは踏ん張りが効く部類で、さすがは朝日杯5着92Fの底力。

常に出走したクラスの基準値くらいは数字を出してくるので、引き続き重賞でも注目です。

牝馬クラシック編

先週からはフェアリーS1着104Dスマイルカナ、同2着100Bチェーンオブラブ、シンザン記念1着95Dサンクテュエールがランクインしました。

【スマイルカナ】馬場次第では同型レシステンシアを沈める?

同コースのひいらぎ賞に続いての逃げ切り勝利。そのひいらぎ賞は最後詰め寄られ、数字も当時のクラス基準値92Bと、即クラシック級と言えるようなインパクトはありませんでした。しかし今回は、勝ちっぷりよく数字的にも突き抜けた勝利。

「マイル逃げ先行」といえば2歳女王レシステンシアの1分32秒台のスピードが強力ですが、それが削がれる馬場なら沈めかねません。

【チェーンオブラブ】詰め甘も末脚キレキレ

前走赤松賞0.1秒差の4着93Aは、当時のクラス基準値クリア+最速上がり3Fの伸Aでまずまず。今回は残り200mから猛追も勝ち馬が強すぎて届きませんでしたが、赤松賞の伸Aを削ってトップレベルの数字に上昇しつつ、まだ伸Bのキレキレな末脚。

現状それに頼るせいか詰めが甘いですが、展開次第で底力開放の一発があるかも知れません。

【サンクテュエール】牝馬xシンザン記念にザワザワ…

牡馬でランクインしたプリンスリターンをインからすくってゴール前差し切り。数字的には上位と差があるとは言え、アルテミスS2着92Aに続く2度目のランクインは好素質です。

近年このレースを好走した牝馬からアーモンドアイ・ジェンティルドンナの両牝馬3冠馬はじめ、ジュエラー・マルセリーナなどクラシックホースを多数輩出。そりゃザワザワします。あとは数字が伴えば完璧でしょう。

ランクイン条件

  • 牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上。
  • オープン・1勝クラス→勝利馬。
  • 重賞→2着以内。
  • 上記を満たした上位18頭(18位タイ)
  • 赤文字=先週からのランクイン馬。
  • 太文字=3歳1-3月オープン基準値以上。
  • ★マーク=3歳1-3月オープン「Good!」以上。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。