[LB指数ランキング] 19-20クラシック編 2020/01/26版 若竹賞シーズンズギフトがランクイン

牡馬クラシック編

先週からのランクインはゼロでした。

ケヴィンが勝った若駒Sは94Eで惜しくも圏外。しかしこのレースのメンバーレベルは高く、ケヴィンはじめアリストテレス・ラインベック・パンサラッサ・シルヴェリオが90中盤~後半持ち。現重賞基準値96にも対応可能のランカーレベルです。ケヴィンは残念ながら骨折休養のようですが、他の4頭にはそのぶんも頑張ってもらいましょう。

牝馬クラシック編

先週からは若竹賞1着108Aシーズンズギフトがランクイン。

【シーズンズギフト】牝馬最高値でクラシックへ前進

デビュー2戦連続「Excellent!」達成で牝馬トップへ進出(新馬1着94S→若竹賞1着108A)。伸SAのトップスピード型を高指数で勝ち続ける末脚が自慢。

小回り福島と時計がかかる中山実績ということもあり、上がり3Fの絶対値と時計の速さを欠きますが、それをクリアできれば指数の額面通りにトップを奪取する素質あり。

仮にクラシック力及ばずだったとしても、小回りコースは鬼レベルだと思います。

ランクイン条件

  • 牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上。
  • オープン・1勝クラス→勝利馬。
  • 重賞→2着以内。
  • 上記を満たした上位18頭(18位タイ)
  • 赤文字=先週からのランクイン馬。
  • 太文字=3歳1-3月オープン基準値以上。
  • ★マーク=3歳1-3月オープン「Good!」以上。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。