[LB指数ランキング] 20-21クラシック編 2020/07/19版 新馬勝利ラーゴム、オレンジフィズなど7頭がランクイン

ランクイン条件

  • 牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上。
  • 勝利馬。重賞は2着以内。
  • 上記を満たした上位18頭(18位タイ)

赤文字=新規ランクイン馬。
大文字=現オープン重賞クラス基準値以上。

牡馬クラシック編

先週からのランクインは、新馬勝利ピンクカメハメハ・ラーゴム、未勝利ウイングリュック・リーブラテソーロの4頭。

牝馬クラシック編

先週からのランクインは、新馬勝利オレンジフィズ・アオイゴールド・ヴェールクレールの3頭。

クラシック番付

牡馬ラーゴム、牝馬オレンジフィズを前頭へ。

ラーゴムは変則開催のため初となった2歳序盤の阪神芝2000m新馬戦を「Good!」勝利。伸C~F中心の底力勝負を唯一の伸Bで抜け出したナタの末脚に注目します。

オレンジフィズは伸S大多数のスローを逃げ切り。展開には恵まれましたが、4コーナー外を回りつつL2F11.3-11.7が強力でした。

牡馬2位にランクされたピンクカメハメハは様子見。その理由は函館芝1800mの「Good!」実績が即効性を欠くことですが、いずれ重賞で活躍する下地はあります。

※過去の番付推移はTwitterでご確認下さい。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。