[LB指数ランキング] 20-21クラシック編 2020/09/27版 新馬ノースブリッジ、未勝利ヴァーチャリティ・メイサウザンアワーなど6頭がランクイン

ランクイン条件

  • 牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上。
  • 勝利馬、もしくは重賞2着以内。
  • 上記を満たした上位18頭(18位タイ)

牡馬クラシック編

日曜中京5R新馬91Dノースブリッジは「Good!」勝利。持久型寄り伸Dの力を出し切った逃げ切りで上昇力に不安を残しますが、そこをクリアできれば重賞を狙える下地はあります。

土曜中京3R未勝利87Dトーセンインパルスはクラス水準。ただ自己ベストは現3位のランドオブリバティに迫った新馬3着95Sの隠れ上位ランカー。指数を下げたなりに0.3秒差の完勝でしたし、いずれは上位ランカーとして登場するかも知れません。

ランク外からは、日曜中山5R新馬80Sジャンカルド伸びしろに注目

牝馬クラシック編

土曜中京2R未勝利94Eヴァーチャリティは「Good!」勝利。持久型伸E高指数の底力に期待です。8月の新馬2着85Cも当時基準では「Good!」走破。能力の高さに信頼を置けそう。

土曜中山2R未勝利93Cメイサウザンアワーは「Good!」勝利。同条件ではシークレットランとゴーフォザサミットが次走1勝クラスを「Good!」勝利しています。

ランカーからはゴールドチャリスがカンナSに出走して3着86D。フェニックス賞3着86Dから進展はありませんでした。指数的にも時計的にも2歳オープンくらい勝てると思っていますが、控える競馬では末脚が甘い。引っ張る形でこそスピードが活きるのかも。

クラシック番付

牡牝とも前回から変動なし。

※これまでの番付推移はTwitterをご覧ください。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。