[LB指数ランキング] 20-21クラシック編 2021/01/17版 京成杯グラティアス、紅梅Sソングラインなど4頭がランクイン

ランクイン条件

  • 牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上実績。
  • 重賞・オープン・1勝クラス勝利馬(重賞は2着まで)
  • 上記を満たした上位18頭(18位タイ)

牡馬クラシック編

京成杯を制したグラティアスと、梅花賞を勝ったディープモンスターがランクイン。

9位:グラティアス

2戦とも展開絶好のスロー逃げ先行勝利も、瞬発型伸SAをキープしたまま80→98の推移は非凡かつ、重賞を勝ってなお伸びしろあり

真価未知数とはいえ、総合力型伸BCD・持久型伸EF走破なら、クラシック基準値106まで上げてきそうな素質の持ち主です。

9位:ディープモンスター

脚を余したエリカ賞2着88Sから98Cへ上昇。長距離の総合力勝負向き。時期的に皐月賞狙いもありそうですが、ダービートライアルで権利奪取またはそれ以降の活躍の方がイメージ的にすんなり。

牝馬クラシック編

紅梅Sを勝ったソングラインと、菜の花賞を勝ったスライリーがランクイン。

6位:ソングライン

未勝利「Good!」勝利に続く連勝かつ、ともに2着に0.5秒差をつける完勝。紅梅S97Eはクラス水準ですが、持久型伸E実績なら底力信頼。阪神JFとフェアリーS組に続く存在でしょう。

10位:スライリー

6月実績としては非凡な新馬81D。その後は体力勝負に対応できず不振も、好素質であることを改めて証明の伸S自己ベスト勝利でした。

LB指数とは?

2~3歳戦にチューニングした「クラシックが楽しくなる指数」です。