[LB指数ランキング] 20-21クラシック編 2021/01/31版 セントポーリア賞グレートマジシャン、クロッカスSストライプ、白梅賞ヴィジュネルがランクイン

ランクイン条件

  • 牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上実績。
  • 重賞・オープン・1勝クラス勝利馬(重賞は2着まで)
  • 上記を満たした上位18頭(18位タイ)

牡馬クラシック編

1位:グレートマジシャン

ダノンザキッドオーソクレースが勝った同コースの東スポ杯とアイビーSを凌駕する指数。新馬「Good!」勝利の素質を「Good!」連勝で証明しつつ、L1F11.1と伸Bで底知れなさをキープしたまま。正統派の大物候補です。

前日土曜の同コース未勝利を106Fで勝った隠れランカーのボーデンとともに、クラシックを賑わせてくれるでしょう。

15位:ヴィジュネル

「Good!」走破の新馬2着92Cから数字的に足踏みが続きましたが、4戦目でようやく自己ベスト更新。道悪だったり平均ペースだったりで上がり3F35.0秒前後の争いになれば強いし、指数も上がりやすい。その点で相手強化の力勝負にも期待です。

牝馬クラシック編

10位:ストライプ

京王杯2歳S4着95Cから指数を少し下げましたが、そのかわりに伸Sが付いたあたり、将来性という点ではプラス材料。スピード開放で指数上昇を狙います。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。