[LB指数ランキング] 20-21クラシック編 2021/02/14版 共同通信杯エフフォーリア、クイーンCアカイトリノムスメなど4頭がランクイン

ランクイン条件

  • 牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上実績。
  • 重賞・オープン・1勝クラス勝利馬(重賞は2着まで)
  • 上記を満たした上位18頭(18位タイ)

牡馬クラシック編

17位:エフフォーリア

共同通信杯を勝って2度目のランクイン。指数の絶対値は100オーバー勢に対して少し見劣りますが、上積み力がある伸SAキープのまま指数を上げている点に注目。大きな爆発力を秘めています。

皐月賞の指数は恐らく上位ではないと思われます。もちろんそこで結果を出せれば文句なしですが、もし負けたとしても、いつか大きなところを獲るチャンスが巡ってきそうな属性です。

牝馬クラシック編

18位:ルチェカリーナ

敗れたものの、伸SAキープで90台まで上げたデビュー2戦の推移は好素質。それが少しづつ結果に結びついてきました。指数はやや頼りないかも知れませんが、牝馬同士ならまずまず。トップレベルに揉まれながら指数を上げていけば、出走権GETくらいは狙えそう。

18位:アカイトリノムスメ

これまでの指数を見ると、未勝利戦と赤松賞はクラス水準で、クイーンCは低めでした。実績の割に持ち指数が低く、ランキング上位馬とは大きな差があるのが現状で、立場としては不利な点が気がかり。ただ、3連勝の勢いは強力。それを武器に阪神JF組に挑戦ということになります。

18位:アールドヴィーヴル

圧巻のパフォーマンス&指数の新馬戦から据え置きでしたが、素質はアカイトリノムスメにヒケを取らず、むしろ超えるかも知れない器。次走で指数UPできれば心強い。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。