[LB指数 魂の◎] 日曜版 2019/02/24 すみれS・黄梅賞など

阪神10R すみれS ◎ショウリュウイクゾ

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳OP重賞基準値→96

◎ショウリュウイクゾ

若駒Sは後方からよく伸びて4着101B。指数だけなら世代トップレベル。6月の早期新馬戦を勝った素質を見直さなければなりません。

【上位候補】
アドマイヤジャスタ・ルタンブル・アーデントリー

実績最上位のホープフルS2着アドマイヤジャスタはもちろん有力。伸Aサトノルークスとキスラーの上昇を封じれば、ルタンブルとアーデントリーも見劣りません。

中山9R 黄梅賞 ◎カルリーノ

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳500万下基準値→91

◎カルリーノ

同コースひいらぎ賞8着86E→ジュニアC2着99C。安定しませんが、マイペースで力を出し切ることができれば勝てます。

【上位候補】
ミトロジー・レノーア・キタイ

この3頭ではしぶとい末脚で後方から差を詰めたひいらぎ賞が強かったミトロジーが一番。巻き返しを狙うはサフラン賞以来の同コースでレノーア、久々の成長力でマイル対応キタイです。

中山6R 3歳500万下 ◎エアジーン

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳500万下基準値→91

◎エアジーン

9月の新馬勝ち97Bが当時の新馬クラス「Excellent!」ライン94を余裕突破。今期牝馬最後の大物候補が同コースで2連勝を獲りにきました。

【推奨馬】
ウィクトーリア

7月の新馬94Bレコード勝利が、やはり当時「Excellent!」ライン92超えのウィクトーリア。その後2連敗してしまいましたが、素質はエアジーンにとって脅威です。

【上位候補】
エトワール

距離を伸ばしながら、使われながら、ジリジリ確実に上積みが続きます。

中山5R 3歳未勝利 ◎ポイントオブオナー

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳未勝利基準値→86

◎ポイントオブオナー

前走はレース通して恵まれず、まさかの14着79D。しかし2走前のサトノジェネシスに抵抗した2着92Dは強力です。

【上位候補】
マイネルステレール・キタノインパクト・レイヴンキング・フェリスナタール・ヤギリオーディン・パワポケチャラット

阪神5R 3歳未勝利 ◎ビザンティン

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳未勝利基準値→86

◎ビザンティン

前走中京2200mで急上昇。距離は長い方が良さそうです。

【推奨馬】
サンサルドス

ビザンティンに連敗中ですが、展開的にはやや分が悪く、能力差はさほどありません。

【上位候補】
ポベーダテソーロ・アドマイヤポラリス・ジェットモーション・ディバインフォース

小倉5R 3歳未勝利・牝 ◎グレーフィンソニア

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳未勝利基準値→86

◎グレーフィンソニア

トップ指数ですがクラス基準値に達せずさらに上位拮抗。芝1200mでの安定感で差をつけたいところ。

【推奨馬】
ルージュオブグレイ・フィーユブランシェ

ともに前走同コースで人気薄好走ですが、今回のメンバーなら再度好走です。

【上位候補】
レッドパラス・タガノプリマベーラ・スカーヴァティ

小倉4R 3歳未勝利 ◎ブラックバッジ

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳未勝利基準値→86

◎ブラックバッジ

自己ベスト90Cは抜けていますが、以降2戦で指数を下げました。京都内芝1600mが続きましたが、条件を変えてリフレッシュできれば。

【上位候補】
トップウイナー・ハードエイム・マイネルセリオン・レークサイド・シルヴァーソニック・シャイニングデイズ・マレキアーレ・ダノンレグナム

小倉3R 3歳未勝利 ◎ベストチャーム

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳未勝利基準値→86

◎ベストチャーム

新馬戦ではキツイ流れを先行し、3着以下をちぎりながら共同通信杯5着101Aマークのゲバラに唯一抵抗。次走瞬発戦で切れ負けしただけに距離短縮はプラスかも知れません。

【推奨馬】
ウォーターエデン・ニシノドレッシー

ウォーターエデンは自己ベスト以降指数を下げながらも成績が安定してきました。ニシノドレッシーはハイペースを差す競馬で。

【上位候補】
トーセンジンライム・ニシノバモス・ナンヨーシンゲツ

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。