「紅白対決」ソダシVSアカイトリノムスメ。勝つのはどっちだ?

阪神JFを勝った白毛馬ソダシ。クイーンCを勝ったアカイトリノムスメ。

その毛色と馬名、ともに金子オーナー所有馬ということもあり、「紅白対決」として注目を浴びています。

両馬ともに次走は桜花賞へ直行予定。そして上位人気が濃厚。

その対決を、LB指数的に占います。

全成績とデータ:ソダシ

札幌2歳SとアルテミスSの指数こそ平凡とはいえ、新馬戦と阪神JFの指数は当時のクラス基準を軽く凌駕。持ち指数で「赤」アカイトリノムスメを圧倒しています。

2歳時に103以上で重賞を勝っていた馬(現4~6歳世代)
※103=3歳1~3月オープン重賞クラス「Good!」値

コントレイルが春2冠、サリオスが皐月賞&ダービー2着、レシステンシアが桜花賞&NHKマイルC2着。

本番までに一頓挫あったダノンプレミアム以外は、NHKマイルCを加えた3歳春クラシックで連対率100%です。

能力への信頼度は相当高いと言えそうです。

全成績とデータ:アカイトリノムスメ

これまでの指数は、最大でも出走当時のクラス基準値止まり。3連勝のイメージに見合う指数推移ではなく、持ち指数では「白」ソダシに及びません。

3歳1~3月重賞をクラス基準値未満(96未満)で勝った馬(現4~6歳世代)

指数は多少見劣るとはいえ、重賞を勝つくらいですから本番で上位人気する馬もいます。チョイスされたメンツを見れば、基礎能力の高さは折り紙付き。

ただ、NHKマイルCを加えた3歳春クラシック本番成績は[0-0-2-23」で不調。3着実績は桜花賞とオークスで3着のクロノジェネシスだけ。

そのクロノジェネシスの指数推移は伸S中心。伸びしろ豊富でした。

アカイトリノムスメにどれだけ伸ランクで測れない伸びしろ(勝ちっぷり・圧倒度など)が内包されているかがポイントでしょう。

まとめ

LB指数的には「白」ソダシが圧倒的有利。「赤」アカイトリノムスメは、3連勝の勢いと内包された伸びしろで抵抗したいところです。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。