[LB指数速報] 土曜版 2019/03/02 チューリップ賞など

阪神11Rチューリップ賞を勝ったダノンファンタジーが「Good!」でした。

阪神版

7R 3歳500万下 グラナタス

81A(91-97)
・基準値91→上がり3F-0.7秒
・前半指数66→L3F指数95
・上位伸AAABB

上位伸ABのスローも上がり3F35.2が不足。ただ、レースの大部分をリードした6着75Cヒラソールのラップが強く影響しています。2番手以下が消極的過ぎたかも知れません。

11R チューリップ賞 ダノンファンタジー

「Good!」クラス上位16%級突破
1着104Cダノンファンタジー
2着102Bシゲルピンクダイヤ
3着102Bノーブルスコア
4着102Cドナウデルタ

104C(96-102)
・基準値96→上がり3F+0.6秒
・前半指数99→L3F指数109
・上位伸CBBCB

重賞水準を超える流れからL2F11.0対応トップスピード+L1F11.9対応持続力が「Good!」のポイント。ダノンファンタジーは直線包まれましたが、外に出してよく伸びました。今世代牝馬初の1着100クリア。桜花賞の軸は、この馬になりそうです。

中山版

7R 3歳500万下 フォッサマグナ

90C(91-97)
・基準値91→上がり3F±0~0.1秒
・前半指数85→L3F指数96
・上位伸CDDED

ミドルからクラス水準ど真ん中の競馬でした。このラップバランスなら共同通信杯4着102C実績があるフォッサマグナの完勝も納得です。

小倉版

その他の勝ち馬

阪神4R3歳未勝利はデビュー戦のクードメイトルが快勝。86Dはクラス基準値ですが、そこそこ流れた競馬を馬なりフィニッシュが強い。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。2~3歳戦にチューニングした基準で、クラシック戦線を予測します。