[LB指数速報] 土曜版 2019/04/06 ニュージーランドT・ひめさゆり賞など

阪神版

6R 3歳500万下 ゴータイミング

96S(97-103)
前半指数65(↓32)→L3F指数127(↑30)
指数差62:強L3F重点型
上位伸SSSAS

伸S中心のスローを上がり3F推定32.8秒で一気差しは強い競馬でした。指数もクラス基準値までリカバリーに成功。重賞では体力不足でしたが、強力なトップスピードを武器に再度上昇ムードです。

中山版

11R ニュージーランドT ワイドファラオ

98A(101-109)
前半指数63(↓38)→L3F指数132(↑31)
指数差69:強L3F重点型
上位伸ASSSS

最内枠からの好スタートとスロー逃げ切りが展開絶好でした。ただ、まずまずクラス基準値あたりまでリカバリーしていますし、前走未勝利1着90Dも「Good!」まであと1の高パフォーマンスでした。強い部類には入る馬だと思います。

参考データ:ニュージーランドT指数(現4~7歳世代)

98Aは近年と比べてまぁまぁ。ただ、近年は勝った馬より負けた馬の方が本番で結果が出やすい。伸Aワイドファラオに対して伸Sと脚を余したメイショウショウブヴィッテルスバッハアガラスは本番でも注意です。

福島版

10R ひめさゆり賞 レターオンザサンド

97D(97-103)
前半指数118(↑21)→L3F指数77(↓20)
指数差41:強前半重点型
上位伸DDDED

テン早く中盤落ち着いてからのロンスパと、ラップの出入りが大きい競馬でしたが、全体的には前傾の底力勝負。L1F12.7失速もクラス基準値なら十分持ちこたえています。

その他の勝ち馬から

福島8R未勝利をロンスパから圧勝サンサルドス。これまで同じ形で90オーバー実績が2回。小回りのロンスパ戦なら、さらに2勝くらい見込めそうです。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。