[LB指数速報] 日曜版 2019/04/28 スイートピーSなど

京都版

4R 3歳未勝利 ディスモーメント

「Excellent!」クラス上位2.5%級突破(98以上)
ディスモーメント
「Good!」クラス上位16%級突破(93以上)
アテンポラル・ブラックハーデス・シャイニープレット

98B(86-93)
基準値86=L3F+0.8~0.9秒
前半指数82(↓4)→L3F指数114(↑28)
指数差32:L3F重点型
上位伸BBBBD

前半6F緩めも7F以降は早く、特にピークになったL2F11.4-11.7が「Excellent!」の決め手。時計的にはまだまだですけど直線トップスピードは優れています。

6R 3歳500万下 ヴィント

100C(97-102)
基準値97=L3F+0.2秒
前半指数96(↓1)→L3F指数105(↑8)
指数差9:平均型
上位伸CCCCC

L1F12.0失速もその分L3F11.3-L2F11.2が早いし、全体的に良いラップです。

東京版

7R 3歳500万下 ブレイブメジャー

93E(97-102)
基準値97=L3F-0.2~0.3秒
前半指数105(↑8)→L3F指数81(↓16)
指数差24:前半重点型
上位伸EECEE

高速馬場かつ時計が出る流れではありましたが、1.32.9は間違いなく早い。ダービー週までにG1以外で32秒台走破した馬は過去10年シンハライト・ジュエラー・メジャーエンブレム・ミッキーアイル・サンライズプリンスしかしません。

11R スイートピーS カレンブーケドール

95S(102-110)
基準値102=L3F-0.4~0.5秒
前半指数67(↓35)→L3F指数123(↑21)
指数差56:強L3F重点型
上位伸SSSBS

かなり強めの上がり勝負を早め抜け出しから後続を封じたカレンブーケドール。展開絶好でしたし指数も秀でたものではありませんが伸S中心ではしょうがない。クイーンC4着92A→95Sの通り伸びしろは豊富。あとは本番でどれだけ伸SAを削って上昇できるかでしょう。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。