[LB指数レポート] 2021/06/12 2歳新馬 ハイアムズビーチ・セリフォス・カイカノキセキ

東京5R 2歳新馬 ハイアムズビーチ

前半値100(↑25)上がり3F値59(↓16)=79(↑4)
2歳新馬基準値=75

新馬戦としては流れた前半値100から直線耐える競馬。指数は水準上位でまずまずの踏ん張り。

2着78Eハギノモーリスもよく踏ん張っているが、パワーに定評がある白毛一族ハイアムズビーチの底力が最後に効いた。

[ハイアムズビーチ]白毛一族からソダシに続くクラシック候補?

2歳6~7月の東京芝1400m新馬を「74~84CDE」で勝った馬(現3~6歳世代)

21年フローラSを勝ったクールキャットがいるとはいえ、バリバリ勝ち進んでいくタイプではないかも知れない。

現時点では新馬戦を「Good!」勝利のソダシとまで言えないが、パワーあふれるスピードを活かしてチャンスを待ちたい。

中京5R 2歳新馬 セリフォス

前半値62(↓13)上がり3F値102(↑27)=82(↑7)
2歳新馬基準値=75

前半3Fは緩かったが4F以降の速さで指数を引き上げた。82Aは「Good!」値83にあと「1」の水準上位。

2着80Aベルクレスタが直線迫ってきたが振り切って完勝。スピードに奥を残す内容が良い。

[セリフォス]兄より距離適性短め

2歳6~7月の中京芝1600m新馬を「77~87SAB」で勝った馬(現3~6歳世代)

NHKマイルC3着ギルデッドミラーと、クラシックに縁はなかったが古馬になってから京成杯AHを連覇のトロワゼトワルを輩出。

父オルフェーヴルの兄フォルテデイマルミは2000m以上が主戦場だが、ダイワメジャー替わりということで、トロワゼトワル・ギルデッドミラーのようにマイル前後で活躍を見込める。

札幌5R 2歳新馬 カイカノキセキ

前半値58(↓17)上がり3F値111(↑36)=84(↑9)
2歳新馬基準値=75
※札幌芝1000mは伸ランク設定不可。

「Good!」クラス上位16%級(83~)
カイカノキセキ

2009年を最後に施行がなく、馬と馬場の進化に取り残されたコース。それでも上がり重点での2歳レコードは「Good!」達成にふさわしい。

カイカノキセキがハナを奪った100m過ぎあたりでペースは落ち着いたが、スピード全開ならもう少し時計は短縮できたかも知れない。

[カイカノキセキ]スピード完成度高い

2歳6~7月の芝1000~1200m新馬を「Good!」(83以上)で勝った馬(現3~6歳世代)

該当馬はすべて1200m。比較の難しい条件だが、時期的なパフォーマンスで見た場合、スピードの完成度は高そうだ。

函館2歳Sなら注目したい。

LB指数とは?

2~3歳戦にチューニングした「クラシックが楽しくなる指数」です。