[LB指数レポート] 2021/06/13 2歳新馬 ヴァーンフリート・メリトクラシー・トーセンサンダー

東京5R 2歳新馬 ヴァーンフリート

前半値49(↓26)上がり3F値102(↑27)=75(±0)
2歳新馬基準値=75

伸SAB中心の強めスロー上がり重点。指数は水準だが上昇力ある伸Sは好素質。

直線はグランシエロとの追い比べ。交わされそうになりながらも二枚腰でゴール前グイッと出た。これなら平均ペースの底力勝負も大丈夫だろう。

目標はアガラス超え

2歳6~7月の東京芝1800m新馬を「70~80SA」で勝った馬(現3~6歳世代)

この2頭ほどの完勝ではないが、3着以下は突き放せた。ヒケは取らない。まずはコスモス賞2着→東スポ杯2着のアガラスが目標だ。

中京5R 2歳新馬 メリトクラシー

前半値49(↓26)上がり3F値88(↑13)=69(↓6)
2歳新馬基準値=75

1200m戦としてはかなり緩めなラップバランス。それが響いて基準値へリカバリーできず。

好スタートからそのまま逃げ切りメリトクラシー。指数は平凡だったが、そのぶんスピードに奥を残す伸Aで勝ち上がり。

まずはスピード開放

2歳6~7月の中京芝1200m新馬を「64~74SAB」で勝った馬(現3~6歳世代)

ダンツウィザードは次走フェニックス賞を2番人気で7着75F。スピードを開放しきれなかった。

次は伸Aを削ってスピード開放し、指数を上げたい。結果がついてくればもっといい。

札幌5R 2歳新馬 トーセンサンダー

前半値83(↑8)上がり3F値95(↑20)=89(↑14)
2歳新馬基準値=75

「Good!」クラス上位16%級(83~)
トーセンサンダー・グラスミヤラビ

前半からまずまず出しつつ上がり3Fも上質。2着までが「Good!」達成、5着までが基準値クリアしている。

2番手から抜け出したトーセンサンダーが、2着グラスミヤラビの追い上げを封じた。伸Bならレコード勝利してなお、スピードの天井はまだ先にありそうだ。

函館2歳Sの主力級

2歳6~7月の函館札幌芝1200m新馬を「Good!」(83以上)で勝った馬(現3~6歳世代)

今年は札幌函館の開催が入れ替わっているため、すべて函館実績だが、89Bならまず函館2歳S主力級。

LB指数とは?

2~3歳戦にチューニングした「クラシックが楽しくなる指数」です。