[先週のLB指数] 2019/05/19 優駿牝馬(オークス)など

東京11R 優駿牝馬(オークス) ラヴズオンリーユー

3歳OP重賞基準値=102
前半指数123(↑21)→L3F指数81(↓21)
指数差42:強・前半重点型

5F通過59.1秒は早く、以降も息が入りきらない流れ。全馬伸Eのタフな時計勝負になりました。レースレコードについては指数とのバランスを見るとペースと馬場の影響を強く受けています。しかし指数の出にくい全馬伸Eの競馬ながらも近4年の104~105に迫っているあたり、同等の能力なくしては出ない時計でもあります。

参考:2015年以降のオークスLB指数

東京5R 3歳500万下 ポルーニン

3歳500万下基準値=97
前半指数74(↓23)→L3F指数110(↑13)
指数差36:L3F重点型

一貫スローからの直線勝負。ややL2F11.0-11.3に偏ったL2F重点に近い競馬でした。こうなると指数はこの辺りでまぁまぁ妥当。90後半実績のあるサトノ・ヘイワがもう少し早めスパートなら脚を余した可能性もありますが、唯一の伸S差し切りを評価すべきでしょう。

京都5R 3歳未勝利 スターオブバラード

3歳未勝利基準値=86
前半指数105(↑19)→L3F指数56(↓30)
指数差49:強・前半重点型

新潟5R 3歳未勝利・牝 ネガイ

3歳未勝利基準値=86
前半指数69(↓17)→L3F指数94(↑8)
指数差25:L3F重点型

東京4R 3歳未勝利 オセアグレイト

3歳未勝利基準値=86
前半指数86(±0)→L3F指数106(↑20)
指数差20:平均~L3F重点型

「Good!」クラス上位16%級突破
オセアグレイト

クラスとしては平均的なラップを先行からの直線トップスピードが強力でした。圧勝のポイントになったL1F11.7が特に優れています。96Bはほぼ500万下基準レベルなので、次走即通用でしょう。

京都4R 3歳未勝利 ハーフバック

3歳未勝利基準値=86
前半指数89(↑3)→L3F指数95(↑9)
指数差6:平均型

京都3R 3歳未勝利・牝 オメガハートクィン

3歳未勝利基準値=86
前半指数82(↓4)→L3F指数89(↑3)
指数差7:平均型

新潟1R 3歳未勝利 ペイシャドリーム

3歳未勝利基準値=86
前半指数75(↓11)→L3F指数96(↑10)
指数差21:L3F重点型

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。