[先週のLB指数] 2019/06/22版 新馬ブルトガング・ラウダシオン・パフェムリ 未勝利ビッククインバイオ・スリリングドリーム

東京5R 2歳新馬 ブルトガング

2歳新馬基準値=74
前半指数63(↓11)→L3F指数86(↑12)
指数差23:L3F重点型

L4F12.9に溜めてからのL3F11.5-11.5-11.8はペースチェンジ強め。ギアチェンジ能力が問われる上がり勝負でした。

レースラップ自体は水準ですが、そのぶんL1Fで圧倒した末脚はインパクト十分。

前半指数63(↓11)ながら前半の動きがイマイチな点が気になりますが、ピリッとしてくれば期待に見合った指数を出せるようになるのではないかと思います。

阪神5R 2歳新馬 ラウダシオン

2歳新馬基準値=74
前半指数83(↑9)→L3F指数69(↓5)
指数差14:平均型

テン3Fが早いスピード戦でしたが、残り600mからやや緩んだ結果、L2F余裕残しに踏ん張って基準値クリア。

前半からやる気満々。どちらかと言えば緩急の無い方がスピードを活かせるのかも知れません。

函館5R 2歳新馬・牝 パフェムリ

2歳新馬基準値=74
前半指数74(±0)→L3F指数86(↑12)
指数差12:平均型

クラス基準に沿った素直なラップ推移からのL1F11.9がまずまず。ライバルを圧倒しつつスピードに奥があり、函館2歳Sなら上位候補になり得ます。

東京1R 2歳未勝利 ビッククインバイオ

2歳未勝利基準値=79
前半指数43(↓36)→L3F指数119(↑40)
指数差76:強L3F重点型

強めスロー逃げ切りながら、ほぼクラス基準値にリカバリーのトップスピードが強力でした。初戦63Bから大幅良化。フローラS2着100Dの姉パイオニアバイオ同様、使いながら良くなっていきそうです。

阪神1R 2歳未勝利 スリリングドリーム

2歳未勝利基準値=79
前半指数98(↑19)→L3F指数61(↓18)
指数差37:前半重点型

前半指数98は古馬1勝クラス水準の流れ。L3F11.4ピークからL1F12.6失速の持久戦になりました。伸EFながらクラス基準値の上位2頭はよく踏ん張っています。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。