[先週のLB指数] 2019/06/23版 新馬レッドベルジュール・サナチャン・レッドヴェイパー

阪神5R 2歳新馬 レッドベルジュール

2歳新馬基準値=74
前半指数35(↓39)→L3F指数114(↑40)
指数差79:強L3F重点型

5F通過64.7秒は超スローでしたが、以降は6F12.1-11.4-10.8の3段階加速でL4F46.0の高速フィニッシュ。スローではありますが直線ヨーイドンというよりは甘噛みロンスパ、トップスピードの持続力比べに近い。

ともすれば60台決着に収まっておかしくない前半指数35から基準値74までリカバリーした持続力には注目です。

【推しデータ】
2歳6月の新馬戦を70以上かつ伸Sで勝った馬(2017~18年実績)

指数自体は基準値程度ですが、2歳6月であればこの条件で十分そうです。今期はサリオスルーチェデラヴィタワーケアに続いて4頭目の該当馬。2年連続G1馬が隠れていますし、今年も期待します。

東京5R 2歳新馬 サナチャン

2歳新馬基準値=74
前半指数68(↓6)→L3F指数79(↑5)
指数差11:平均型

わずかながらL3Fに偏っていますが、基準に沿った素直なラップ推移で74Cもド水準。11番人気の伏兵でしたが、能力としては水準キープです。

函館5R 2歳新馬 レッドヴェイパー

2歳新馬基準値=74
前半指数107(↑33)→L3F指数79(↑5)
指数差28:前半重点型

「Excellent!」クラス上位2.5%級突破(91以上)
レッドヴェイパー・ケープコッド

3F33.9-L3F35.9のスピード戦。前半指数107はかなり高いのですが、それでいてL3F指数79も基準値74を超える踏ん張りは、相当の一貫スピード能力。

前日降った雨の影響が残って稍重。馬場差はおそらく水準前後だと思いますが、もしパンパンの良馬場だったならレコード級(1.09.2)の価値がありそうな時計です。

レッドヴェイパーを追い詰めて2着93Dケープコッドは、次走まず負けないでしょう。

【推しデータ】
2歳6~8月の新馬戦を「Excellent!」(91以上)で勝った馬(2017~18年実績)

ダービーまでの期間内にG1馬が8頭中2頭、重賞馬が8頭中3頭、2勝馬が8頭中7頭の条件です。

1200mという点で近いのはモズスーパーフレアですが、小倉芝1200mを高速L2Fで時計を引き上げて1.08.5マークのモズと比べた場合、時計的にも血統的にもパワー押しのイメージです。

2歳6月という点で該当馬はグランアレグリアのみ。

パワーに加えて1600mに対応できれば、クラシックでも活躍できそうな気配がします。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。