[先週のLB指数] 2019/10/26 萩Sヴェルトライゼンデ

京都9R 萩S ヴェルトライゼンデ

2歳OP重賞基準値=93
前半指数62(↓31)→L3F指数114(↑21)
指数差52:強L3F型
★★★☆☆

伸SA中心のスローを3~4番手先行から直線抜け出しヴェルトライゼンデ

指数は90を割りましたが、L3F12.2-11.2-11.3のL2F重点になった影響が強い。

指数の上がらない競馬で後方になってしまい自己ベスト95Aから大きく下げたギルデッドミラーをガイドにすれば、伸SA走破馬はクラス基準値程度のポテンシャルではないかと思います。

【過去の萩S】(2017~18年)

昨年サートゥルナーリアはL3F12.4-11.4-11.7のL2F重点、一昨年タイムフライヤーはかなり時計のかかる馬場での消耗戦で指数上がらず。なぜか指数の上がらないレースになってきましたが、今年含めその要因はハッキリしており、3年連続ホープフルS馬輩出に期待がかかります。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。