[先週のLB指数] 2019/12/15 朝日杯FS サリオス

阪神11R 朝日杯FS サリオス

2歳OP重賞基準値=94(2歳G1基準値=101)
前半指数143(↑49)→L3F指数56(↓38)
レースタイプ:強前半型

「Good!」クラス上位16%級突破(100以上)
サリオス

4F45.4-L4F47.6の前傾ラップ、先週の阪神JFと同様のハイスピード戦になりました。その激流を3番手から抜け出し、最後は0.4秒差をつける快勝サリオス

これまでは2戦とも上がり3F33.1秒の軽快な直線トップスピードを武器に連勝してきました。しかし今回はレースL3Fが11.8-11.6-12.4(35.8)の通り、トップスピード全開とまでは行かずL1F踏ん張る持久戦。G1でL3F指数56は相当厳しい持久戦。それを制したことで軽快さに重厚さが加わった形です。

指数はサウジアラビアRCで叩き出した108Bから下がりましたが、指数的にキツイ伸Fながらも2歳G1水準に踏ん張って、オープンクラス「Good!」達成。直線半ばで一旦危うくなりながらのもうひと踏ん張りは、さすがクラシック基準値106を超える108B持ちのポテンシャル。

残る死角は距離だけ。持ち指数の高いマイルがベストかも知れませんが、距離延長で更新できたらその考えは改めなければなりませんし、特に110を超える高指数決着になりやすい皐月賞での更新に期待します。

【過去の朝日杯FS】(2017~18年)

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。