[LB指数レポート] 2020/06/06 2歳新馬 ウインアグライア・ダディーズビビッド

東京5R 2歳新馬 ウインアグライア

2歳新馬基準値=75
前半指数35(↓40)→L3F指数96(↑21)

■勝ち馬★評価

評価 :5/10。

強めスローからの上がり3Fがそれほど早くないため、基準値までリカバリーできなかった。

ただ、一旦前に出られたブエナベントゥーラを、ゴール前で差し返したウインアグライアの持続力はまずまず。ペースが早くなった時の上昇度には、一定の期待を持てる。

■2歳6月の東京芝2歳新馬を60~69Sで勝った馬(現3~5歳世代)

新潟2歳S3着のあとジュニアCを勝ったテンクウがいる。

阪神5R 2歳新馬 ダディーズビビッド

2歳新馬基準値=75
前半指数65(↓10)→L3F指数94(↑19)

■勝ち馬★評価

評価 :6/10。

前半スローを上がり3F34.5でリカバリーし、水準上位の80Bまで引き上げた。

直線粘るウインメイユールを交わしつつ、3着以下を寄せ付けない完勝ダディーズビビッド。伸AB中心はスローだが伸S不在のため、スローなりに総合力が必要な競馬だった。6番人気の伏兵とはいえ能力はその評価以上。序盤戦を有利に立ち回れそうだ。

■2歳6月の阪神芝2歳新馬を、「基準値以上「Good!」未満」の75~82BCDで勝った馬(現3~5歳世代)

代表馬は20年NHKマイルCを制したラウダシオン。それ以外にも中京2歳S勝利からファンタジーS3着アマルフィコースト、フェニックス賞勝利シングルアップ。福島2歳S勝利ジャカランダシティがおり、期間内の活躍に期待できる条件だ。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。