[LB指数レポート] 2020/06/07 2歳新馬 グレイトミッション・サトノレイナス・アスコルターレ

東京6R 2歳新馬 グレイトミッション

2歳新馬基準値=75
前半指数74(↓1)→L3F指数72(↓3)

■勝ち馬★評価

評価 :4/10。

4F12.7秒が緩めも全体的にほぼ標準的な競馬。基準値にはL1F0.1秒足りない程度で、まずまず水準だ。

■2歳6月の東京芝2歳新馬を、70~79CDEで勝った馬(現3~5歳世代)

東京5R 2歳新馬 サトノレイナス

2歳新馬基準値=75
前半指数39(↓36)→L3F指数100(↑25)

■勝ち馬★評価

評価 :6/10。

前半39のスローをL3Fでリカバリーできなかったが、伸S差し切りなら数字以上の価値がある。

■2歳6月の東京2歳新馬を65~75Sで勝った馬(現3~5歳世代)

サリオスが該当する。断然の上がり3F33.1で勝ったサリオスほどのインパクトはないが、そこは心身の成長でカバーしたい。

阪神5R 2歳新馬 アスコルターレ

2歳新馬基準値=75
前半指数50(↓25)→L3F指数111(↑36)

■勝ち馬★評価

評価 :7/10。

前半スローをL2F11.2-11.4でリカバリー。スロー逃げのアシストを受けつつも余裕残しで繰り出したトップスピードはなかなかだった。フルスピードなら「Good!」83くらい出ていそうなパフォーマンス。ひとまずはマイル路線で注目したい。

■2歳6月の阪神2歳新馬を75~85SABで勝った馬(現3~5歳世代)

1600mでサートゥルナーリアケイアイノーテックがいる条件。指数的にはもうひと押しだが、勝ちっぷりさえ良ければ大幅上昇を匂わせてくれるラインではある。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。