[LB指数レポート] 2021/02/21 あざみ賞 ミニーアイル・3歳1勝C グレイイングリーン・スパークル

小倉10R あざみ賞 ミニーアイル

前半値93(↑1)L3F値87(↓5)=90(↓2)
3歳1勝クラス基準値=92

L1Fわずかに物足りないが、まずまず水準指数。

ミニーアイルの自己ベストは8月の同コース未勝利1着94C。当時としてはかなりの高指数だった。

基礎能力は高く、スタートが良くなって前半からガツンと流せるようになれば、100くらいは超えてくるだろう。

阪神6R 3歳1勝C グレイイングリーン

前半値93(↑1)L3F値89(↓3)=91(↓1)
3歳1勝クラス基準値=92

ほぼ標準的なラップ推移のレースで指数も水準。

先行する2着馬に並ぶ間を与えることなく、インからスルッと抜けたグレイイングリーン。レースレベルは並だが、ここまでの指数推移は悪くないし、成績も安定している(新馬1着84B→1勝C3着92D→1勝C1着91C)

もうワンパンチで次走も好走くらい狙える。

東京5R 3歳1勝C スパークル

前半値103(↑11)L3F値85(↓7)=94(↑2)
3歳1勝クラス基準値=92

前半値103からL3F11.1最速は持久力が求められた競馬。基準値クリアならその持久力はまずまず。

スパークルは未勝利91Eの「Good!」勝利から、1勝クラスを3戦連続90台中盤の基準値クリアで安定。クラシック出走レベルの力はある。あとは出走権だけ。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。