[LB指数ランキング] 21-22クラシック編 2021/07/11版 新馬勝利トーセンクレセント・エクラノーブル・オンリーオピニオンがランクイン

※昨年の同週実績を含めてお送りしております。

ランクイン条件

  • 牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上実績。
  • 勝利馬(重賞は2着まで)

牡馬クラシック編TOP18

新馬86S勝利トーセンクレセントが3位へランクイン。エスティファームは今期札幌芝1200mの新馬戦を89Bで勝ったトーセンサンダーに続く「Good!」勝利と2歳戦好調。新種牡馬トーセンレーヴも2頭目で新馬勝ちをゲットした。

牝馬クラシック編TOP18

新馬84A勝利エクラノーブルが8位へランクイン。今期の新馬勝ち牝馬ではトップ指数。スロー逃げと51kgに恵まれつつも、0.9秒差の圧勝なら文句なし。昨年の同条件を92Aで勝ったソダシには及ばないが、勝ちっぷりでは勝る。

新馬77Aオンリーオピニオンが13位へランクイン。スロー逃げ切りながらも、並ばれてから再度突き放す強い競馬。体力勝負でも楽しみだ。

LB指数とは?

2~3歳戦にチューニングした「クラシックが楽しくなる指数」です。