[LB指数ランキング] 3歳牝馬クラシック編 2019/03/10 桜花賞TRたけなわもランクインなし

先週からの新規ランクインはありませんでした。

ランクイン条件はG15着以内・重賞3着以内・OP500万下勝利馬(芝1400m以上)

2レース行われた桜花賞トライアルは、フィリーズレビュー88A・アネモネS91Cでランク外でした。

フィリーズレビューは、L1Fまでラップをリードして14着75Eアスタールビー色が濃く出過ぎて指数が抑えられました。それでも既ランクイン馬プールヴィルジュランビルメイショウケイメイが掲示板確保。イベリスも1200mなら97D実績がありますので、なんだかんだで強い馬が上位にきています。桜花賞はトップレベルの壁が厚いと思われますが、信ずるべきはいずれも90台中盤のベスト指数です。

ノーワンは指数が抑えられる競馬のアシストがありましたが、伸SAで2連勝と上昇力あり。本番は伸SAを削ってどこまで上積みできるか?です。

アネモネSの掲示板組ルガールカルムレッドアステルユナカイトスマイルスターネリッサは、2戦目のレッドアステルを除いて持ち指数なりと、やや小さくまとまる結果でした。

出走馬にランクイン実績がある馬は不在。トップクラスへの対応力という点では、フィリーズレビュー勢より信頼度は落ちます。

先週の隠れランカー

レースガーデンエールヴォアを破って「Good!」の新馬1着87B以降、86S→87A→94Aと続きます。なかなか結果が出ませんが素質は高いし、伸SA続きの上積み力も魅力です。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。