[LB指数ランキング] 3歳牝馬クラシック編 2019/03/17版 フラワーCからコントラチェック・エールヴォア・ランブリングアレーがランクイン

先週からはフラワーC1着107Dコントラチェック、2着104Bエールヴォア、3着104Bランブリングアレーの3頭がランクインしました。

ランクイン条件はG15着以内・重賞3着以内・OP500万下勝利馬(芝1400m以上)

1位 フラワーC1着107D コントラチェック

過去3戦のサフラン賞2着99S→菜の花賞1着99E→フラワーC1着107Dはすべて出走当時の「Good!」級でした。

伸Sの瞬発戦で脚を余し気味だったサフラン賞。逆に伸Eのスピード戦だった菜の花賞。この2レースは極端な伸SE走破でしたが、指数が上がりにくい競馬で高指数マークは強力です。

今回はポテンシャルが指数に出やすい伸Dでクラシック基準値107までup。オークス直行なら「桜花賞馬vsコントラチェック」かも知れません。

参考データ:3歳1~3月の牝馬限定重賞を、「Good!」級102以上で勝った馬(現3~6歳世代)

2位タイ フラワーC2着104B エールヴォア

未勝利1着99Dとエリカ賞1着95Cのように、力勝負で指数が上がりやすいタイプでしたが、伸Bの瞬発力型で最高値104Bマークが収穫。やや相手なりですが、能力はクラシックレベルにも対応できるはずです。

2位タイ フラワーC3着104B ランブリングアレー

新馬1着83S→白菊賞2着95B→フラワーC3着104Bの推移は優等生。先着された馬はすべてランクイン馬です。次走予定忘れな草賞は白菊賞で先着を許したラヴズオンリーユーとの再戦か。指数は上回っており、有利な臨戦過程でリベンジを狙えます。

先週の隠れランカー

フラワーC9着までが該当しました。この中で特に注目したいのは、90台後半以上で安定シャドウディーヴァと、新馬1着73S→97Sと伸Sのまま大幅上昇のアイリスフィールです。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。