[LB指数ランキング] 19-20クラシック編 2019/09/22版 芙蓉Sオーソリティ、新馬勝利チュウワノキセキ、未勝利突破グレイトホーン・ソウルトレイン・シャドウブロッサムがランクイン

牡馬クラシック編

先週からは芙蓉S1着97Sオーソリティ、新馬1着88Sチュウワノキセキ、未勝利1着92Cグレイトホーン、未勝利1着85Sソウルトレインがランクインしました。

芙蓉Sのオーソリティはクラス基準値93クリア+伸S。将来性たっぷりの勝利でトップタイに進出。
既ランクイン馬である2着94Sウインカーネリアンもよく伸びていたのですが、トップスピードの違いで差し切り。前走新馬戦は前半緩すぎて62S止まりでしたが、後に札幌2歳Sを勝って上位ランクインのブラックホールを完封。ランクイン馬を沈め続けているあたりに凄みを感じます。中距離の2勝馬では野路菊S勝利マイラプソディと双璧でしょう。

新馬1着88Sチュウワノキセキ。今期の新馬戦はスプリントを除くと指数の偏差が少なくて、良くも悪くも突き抜けた数字を持つ馬が少ないですが、それだけに相当優秀な部類に入ります。

牝馬クラシック編

先週からは未勝利1着93Dシャドウブロッサムがランクインしました。

伸D~F構成の力勝負をねじ伏せたシャドウブロッサム。未勝利勢は牝馬が8月後半から上位にランクイン続出と絶好調。特に未勝利90以上をマークした中からクラシック路線で活躍する馬、たぶんいると思います。シャドウブロッサムは、もちろんその候補の一頭です。

ランクイン条件

1.牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上
2.オープン・1勝クラス・未勝利・新馬→勝利馬
3.重賞→2着以内※赤文字→先週からのランクイン馬。
※太文字→出走当時基準の「Good!」以上。または伸SFでクラス基準値以上。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。