[LB指数ランキング] 19-20クラシック編 2020/01/06版 ジュニアCサクセッション・福寿草特別レクセランス・3歳1勝Cサトノフラッグがランクイン

牡馬クラシック編

先週からはジュニアC1着サクセッション、1勝クラス1着98Cサトノフラッグ、福寿草特別1着93Bレクセランスがランクインしました。

【サクセッション】NZTなら勝利濃厚も…

ハイペースを中団追走から早めに前を潰しに行きつつ、高速L2F11.3対応からL1F12.4で踏ん張ってオープンクラス「Good!」達成。高次元で融合した切れ味と持続力を見せつける勝利でした。106Eは2大巨頭コントレイルサリオスに匹敵する強力な数字です。

中山マイルでアスター賞92Aに続く2度目のランクインはコース巧者。同コースのニュージーランドTなら勝利濃厚と思いますが、この数字なら皐月賞で見てみたい。そんな気もします。

【サトノフラッグ】クラシックへグイッと前進

前走レコードも当時のクラス基準値止まりだった未勝利1着85Dは、高速馬場のアシストもありました。しかし今回は高速馬場ではない条件でホープフルSと同タイム勝利。時計的にも良いと思います。3歳1~3月に1勝クラス「Good!」達成は次走重賞でも通用する可能性が高く、クラシックへ大きく前進と言えるでしょう。

【レクセランス】爆発力を秘めたままのデビュー2連勝

先に抜け出したアメリカンシードはクラス基準値91クリアの勝ちパターン。それを残り200mから力でねじ伏せる勝利でした。数字は過去2戦ともクラス基準値前後ですが、苦しい態勢からの差し切りが続いており、大きな爆発力を秘めているかも知れません。

牝馬クラシック編

先週からのランクインはありませんでした。

今後という点では、サトノフラッグが勝った1勝クラスで2着94Cアンサンブル・4着91Eフローズンスタイルのランクインに期待。ともに2戦目ながら新馬戦の数字も良く、順調にステップアップ中です。

ランクイン条件

  • 牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上。
  • オープン・1勝クラス→勝利馬。
  • 重賞→2着以内。
  • 赤文字→先週からのランクイン馬。
  • 太文字→3歳1-3月オープン基準値以上。
  • ★マーク→3歳1-3月オープン「Good!」以上。

LB指数とは?

2~3歳戦にチューニングした「クラシックが楽しくなる指数」です。