[LB指数ランキング] 19-20クラシック編 2020/05/24版 オークス制覇デアリングタクト・2着ウインマリリンがランクイン

牡馬クラシック編

先週からのランクインはありませんでした。

今週のダービーはランカーから10頭が出走予定。最大の注目はデアリングタクトに続く無敗の2冠に挑戦するコントレイルと、雪辱を狙うサリオスの再戦でしょう。総決算にふさわしい一騎打ちに期待です。

牝馬クラシック編

先週からのランクインはオークス制覇デアリングタクト、同2着ウインマリリンの2頭でした。

無敗の2冠達成デアリングタクト。自己ベスト指数は103Aで、能力と実績に対してまだ指数がついてきていない印象もありますが、言い換えれば伸びしろ残し。後方から直線進路を切り替えながらねじ伏せたオークス、流れがタフ過ぎて全馬末脚を失う競馬を勝ちきった桜花賞、101Cの高指数決着を圧勝したエルフィンSを見る限り、いずれは数字を形にしていくことでしょう。

ウインマリリンはフローラS勝利の勢いそのままにあわやの2着。フローラSの指数はランク外95Fでしたが、5着に敗れつつも103Bマークの若竹賞で今回のレベルに対応済み。その底力を2番手追走からイン徹底でうまく発揮できました。

その他のランカーからは、オークスに8頭が出走しました。

  • ウインマイティー:オークス3着101C
  • マジックキャッスル:オークス5着100A
  • チェーンオブラブ:オークス6着99A
  • デゼル:オークス11着98B
  • ウーマンズハート:オークス12着97C
  • クラヴァシュドール:オークス15着94E
  • スマイルカナ:オークス16着93E
  • アブレイズ:オークス17着91E

ウインマイティーは忘れな草賞103Aの伸Aトップスピードを生かして健闘。良馬場の高速馬場に対応できたことが収穫でした。1800m以上では馬券圏内100%。中長距離路線で活躍してくれそうです。

マジックキャッスルは桜花賞12着73Fから一定の巻き返し。自己ベストのファンタジーS2着102Eを見ると1400m前後のスピード戦がベストだとは思いますが、末脚を伸ばす展開なら距離適正に自在性がありそうです。

デゼルは外を回って伸びきれず。レースの上がり3F34.2を外差しがキツかったのかも知れませんが、さらに外から伸びてきたチェーンオブラブに差されたあたり、自慢の瞬発力が不発でした。

ウーマンズハートは相変わらず泥沼から抜け出せませんが、ようやく自己ベストの新潟2歳S98Sに迫る指数をマーク。復活の兆しは見えてきました。

クラヴァシュドールスマイルカナは先行から残り200mで力尽きて大敗。スマイルカナは前半もう少しゆったり逃げられれば多少結果は違ったのかも知れません。ただクラヴァシュドールは同じく先行したウインマリリンとウインマイティーが粘った以上、やや負け過ぎ感が漂ってしまいます。

ランクイン条件

  • 牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上。
  • 重賞・オープン勝利馬。重賞は2着馬まで。
  • 上記を満たした上位18頭(18位タイ)

赤文字=先週からのランクイン馬。
太文字=オープン重賞基準値以上。
★マーク=オープン重賞「Good!」以上。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。