[LB指数ランキング] 20-21クラシック編 2021/03/07版 弥生賞からタイトルホルダーとシュネルマイスター、チューリップ賞からメイケイエールとエリザベスタワーがランクイン

ランクイン条件

  • 牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上実績。
  • 重賞・オープン・1勝クラス勝利馬(重賞は2着まで)
  • 上記を満たした上位18頭(18位タイ)

牡馬クラシック編

弥生賞からタイトルホルダーシュネルマイスターがランクイン。

伸SA中心スローペースの弥生賞を逃げ切ったタイトルホルダー。展開に恵まれたし時計も目立たないが、上がりの速さだけで指数を爆上げ。伸びしろある伸Aでクラシック基準値である106クリアは良し。時計面での不安はエフフォーリアダノンザキッドなども一緒だ。

弥生賞2着シュネルマイスターはひいらぎ賞に続くランクインでポテンシャルへの信頼度UP。Kingman産駒で距離不安がささやかれたが、スローペースながらも一応はクリア。仮にベストはマイルだとしても、3歳馬同士の2000mなら、致命的な不安材料にはならない。

弥生賞3着に敗れたダノンザキッドは、自己ベストの東スポ杯97Bから105Sへ大幅上昇。隠れランカーとしては未勝利106Fボーデンと並んでトップレベル。敗戦のマイナスよりも、指数上昇+さらに上昇見込み伸Sがついたプラス材料の方が大きい。

牝馬クラシック編

チューリップ賞同着勝利のメイケイエールエリザベスタワーがランクイン。

相変わらず折り合い難が解消されないままのメイケイエールだが、それでも勝ったし100オーバーも上々。折り合い面がこのままでも、現状の勢力図の通りソダシサトノレイナスに続く有力候補のまま。

対するエリザベスタワーも、終始外へ意識を持っていかれながらの勝利で課題残し。課題クリアの効果はメイケイエールの方が上かも知れないが、能力的には2列目筆頭を争うレベル。エルフィンS9着は、単純に脚を余しただけという結論で良さそうだ。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。2~3歳戦にチューニングした基準で、クラシック戦線を予測します。