桜花賞直前。トライアル+フラワーCを再チェック

桜花賞TR+フラワーCのLB指数

3歳OP重賞基準値=96

フラワーC 107Dコントラチェック

前半指数104(↑8)→L3F指数111(↑15)
指数差7:ラップバランス=平均型

前半L3Fともにクラス基準値超えのハイレベル戦。107D快勝コントラチェックはもちろん、この流れを伸ABで上位入線したエールヴォア・ランブリングアレー・シャドウディーヴァも強いと思います。

[LB指数速報] 土曜版 2019/03/16 フラワーC・若葉S・ファルコンSなど

アネモネS 91Cルガールカルム

前半指数98(↑2)→L3F指数85(↓11)
指数差13:平均型

ルガールカルムは新馬1着81SとクロッカスS2着90Aの切れ味が非凡なのですが、2着馬に差を詰められたL1F12.0失速は物足りませんでした。桜花賞という点では体力に不安を残します。

[LB指数速報] 日曜版 2019/03/10 フィリーズレビュー・アネモネSなど

フィリーズレビュー 88Aノーワン・88Bプールヴィル

前半指数81(↓15)→L3F指数96(±0)
指数差15:平均型

前半とL3Fの指数差15はまずまずミドルですが、上がりが平凡ゆえのミドル判定。上がり重点に持ち込めず500万下レベルの指数に収まってしまいました。

[LB指数速報] 日曜版 2019/03/10 フィリーズレビュー・アネモネSなど

チューリップ賞 104C ダノンファンタジー

前半指数99(↑3)→L3F指数109(↑13)
指数差10:平均型

重賞水準を超える流れからL2F11.0対応トップスピード+L1F11.9対応持続力が「Good!」のポイント。ダノンファンタジーは直線包まれましたが、外に出してよく伸びました。今世代牝馬初の1着100クリア。桜花賞の軸は、この馬になりそうです。

[LB指数速報] 土曜版 2019/03/02 チューリップ賞など

まとめ

トータルバランスが高次元なフラワーCとチューリップ賞上位勢が断然優位でしょう。

ただ、フィリーズレビューのメンバーレベルは、88決着のイメージほど悪くありません。現クラス基準値95前後で安定してきたプールヴィルはじめ、同程度の指数持ち馬は多いですから。なぜL3F平凡だったのか?それなりの理由はありそうです。

アネモネS上位ルガールカルム・レッドアステル・ユナカイトはかなりの素質馬ですが、指数実績なく急成長が必須。クラシックには時間が足りないと思います。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。2~3歳戦にチューニングした基準で、クラシック戦線を予測します。