[LB指数ワンポイント] 少頭数ほど指数の信頼度が上がる

以下、出走頭数範囲ごとの指数順成績です(2017年6月以降)
※横軸=指数順
※縦軸=複勝率

9~18頭立てにおける指数9位以下の好走分が、1~8頭立てでは指数1~3位を中心に振り分けられます。

少頭数になればなるほど指数上位の信頼度が上がり、多頭数になればなるほど指数上位の信頼度は下がります。

確率の面で当たり前といえば当たり前の傾向ですが、時期が進むほど多頭数が増えていきますので、意識しておく必要がありそうです。

なお、8頭立て以下の指数1位+1番人気の成績は「38-14-9-5」(複勝率92.4%)です。回収率は単100%複94%と馬券的にも有利。断然の人気でも「買い」でしょう。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。