[先週のLB指数] 指数一覧&まとめ 2020/03/29 2020/03/30

オープン・重賞クラス

OP重賞基準値=97(「Good!」値=103)

毎日杯はクラス水準範囲92~102から大きく外れる低指数決着。ただし、ダッシュつかず後方を進み直線詰まりながらもゴール前流して余裕勝利のサトノインプレッサの勝ちっぷりはなかなか。低指数決着なら、そのぶん強い勝ち方をすれば数字にこだわる必要はありません。父ディープの若駒S86Aのように…そこまで圧倒的ではないとしても。


東スポ杯ときさらぎ賞の2戦で世代トップクラス100マークのアルジャンナを軽くあしらった内容と、新馬「Good!」勝利の素質は計り知れず。数字だけで評価してはいけない未知の魅力に溢れた馬だと思います。

1勝クラス

1勝クラス基準値=91(「Good!」値=98)

突き抜けた数字で勝った馬はいませんが、5鞍すべて基準値クリアしており、まずまず豊作週といっても良さそう。

メイショウボサツメイショウチタンは、ともにレコード勝利時に今回以上の指数マーク済み。この勝利がダービー・NHKマイルC滑り込みに繋がる可能性はあるでしょう。

ボンオムトゥックの95Bは、君子蘭賞として高指数。近年このレースから後々の古馬牝馬重賞馬を輩出することが多く、クラシックだけではなく先々も楽しみになりました。

ウインカーネリアンはずっと94前後で安定していますが、逆にこのレベルを超える相手に対応できず。未勝利を「Good!」勝利しているので素質は高いはずですが、ここいらでもう一皮剥けたいところ。

未勝利クラス

未勝利基準値=86(「Good!」値=92)

ヴィディアが「Excellent!」勝利、グランエクセレントが「Good!」勝利でした。

なお、ヴィディアの2~4着プティシュシュ・スターズプレミア・トーホウゴールデンまでは「Good!」走破しており、次走注目です。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。